40代男性にオススメの包茎クリニック【3選】

「もう40代だから、包茎手術は遅すぎるかな?」と感じたことはないでしょうか。確かに、「これまでなんとか過ごしてこれたのだから、いまさら手術をする必要はないかも」と思ってしまうのも無理はないといえます。

しかし、近年は医療技術が向上し、年齢を問わず包茎手術を受ける男性が増加しました。ですから、40代になってから包茎手術をしても遅くはないのです。とはいえ、具体的にどこで手術をすればよいのか分からないですよね。

そこで本記事では、40代男性にオススメの包茎クリニックについて、詳しく取り上げることにしました。最後までお読みいただくことで、自分のペニスの状態に合った手術が受けられるクリニックが分かるはずです。

包茎手術にはいくつかの術式があり、どこで手術を受けるかによって、仕上がり、手術費用等は大きく異なります。そのため、手術費用の安さだけで選んでしまうと、大きな失敗に繋がりやすいのです。

そのため今回は、手術費だけで選んではいけない理由、40代男性が包茎クリニックを選びの際に気を付けたい3つのポイント、40代男性にオススメの包茎クリニック【3選】について詳しく取り上げました。

包茎手術は生涯で1度しか受けない手術です。ぜひ、本記事を参考にしながら、納得のいく仕上がりとなる最適なクリニックを見つけてください。

 

1、手術費だけでクリニックを選んではいけない理由

包茎手術の費用は、どこで手術を受けるかによって様々です。「できれば安く済ませたい!」と思っていませんか?しかし、手術費だけでクリニックを選ばないようにしましょう。

なぜなら、包茎手術は一生に一度の手術であり、失敗は許されないからです。40代になれば金銭的に余裕のある男性が大半ですので、ケチることのないようにしましょう。

そもそも、なぜ手術費だけでクリニックを選択してはならないのかというと、主に2つの理由があります。

失敗するケースが目立つから

なぜ、包茎手術に失敗してしまうのかというと、経験の浅いアルバイト医師が執刀しているケースが多いからです。縫い目が荒かったり、術後も出血が止まらなかったりなど、何らかの後遺症が残ることがあります。

設備などに費用を掛けていない可能性があるから

たとえば、「簡易的な術式で手術を行っている」「設備や手術道具などに費用を掛けていない」「縫合する糸がナイロン製となっている」などが挙げられます。

一般的に、包茎手術は難しい手術ではありませんが、上記2つが原因で仕上がりが綺麗にならないことがあるのです。

 

2、40代男性が包茎クリニックを選びの際に気を付けたい3つのポイント

40代の男性が、包茎クリニックを選ぶときに気をつけたいことを3つ取り上げながら、詳しく見ていくことにします。

 

(2-1)泌尿器科より包茎専門クリニックで手術を受ける

包茎手術は、泌尿器科で受けることも可能です。しかし、保険適用となるのは、真性包茎やカントン包茎など重度の包茎のみで、仮性包茎は保険がききません

また、泌尿器科における包茎手術の症例数は少なく、病院によっては年間5~10件ほどといわれています。包茎手術を執刀できる医師の人数も限られているため、泌尿器科は包茎専門の病院ではないといっても過言ではないのです。

さらにいうと、包茎専門クリニックの方が仕上がりが綺麗だといわれています。なぜなら、包茎手術の専門医が手術を行っており、ペニスの症状に合った術式で手術を行っているからです。

以上のことからも、これから包茎手術を受けるのであれば、包茎専門クリニックを選択するようにしましょう。

 

(2-2)修正手術を行っているか

修正手術とは、仕上がりに満足しなかったり、傷跡が目立ったり、度重なる出血などの後遺症が残ったときに行う再手術のことを指します。

一度失敗した手術を修正するわけですから、高度な技術が必要です。技術力に自信のないクリニックでは、他院で失敗した包茎手術の修正手術は行っていません。

つまり、修正手術の実績があるクリニックは、技術力に自信のある証拠といえます。クリニックを選択する際は、必ず修正手術の実績を確認してください。

 

(2-3)症例数が多いか

包茎手術の症例数が多いということは、それだけ失敗する可能性が低いと考えられます。症例数はクリニックごとで異なりますが、最低でも数千件以上あるクリニックを選択しましょう。

クリニックの公式サイトをチェックすると、全体の症例数を公開していることがほとんどです。場合によっては、公式サイト上で公開していないケースもありますが、そのようなときはカウンセリングや診察時に教えてもらいましょう。

明確な回答を得ることができなかったときは、他のクリニックで手術を受けた方が無難です。

 

3、40代男性にオススメの包茎クリニック【3選】

この項では、40代男性にオススメのクリニックを3つ取り上げながら、詳しく見ていくことにします。

 

(3-1)上野クリニック

上野クリニックのキャプチャー

40代で包茎手術を受ける際、最もお勧めなのは上野クリニックです。理由は2つあります。

傷跡が目立たない

上野クリニックが採用している術式は、「複合曲線作図法」です。包皮の内側と外側で切開する手術道具を使い分け、傷跡が包皮や亀頭の傘に隠れるように切除します。

また、出血を極力抑えながら手術を行うため、日常生活に支障をきたす心配もありません。ちなみに、年間を通して数多くの修正手術を行っていることから、包茎手術の症例数は業界トップクラスです。

自然な仕上がり

上野クリニックの場合、縫合する糸によって費用は異なっており、ナイロン糸は72,000円、吸収糸は100,000円です。また、予算に余裕がある場合は、「美容治療手術」を検討するのも一考だといえます。

ペニスの状態によって、11万円~の費用が掛かりますが、自然な仕上がりとなるため満足できること間違いなしです。

上野クリニック公式サイトへ


 

(3-2)ABCクリニック

ABCクリニックのキャプチャー

ABCクリニックは、安価でハイクオリティな仕上がりを求める男性に適したクリニックです。お勧めする理由は、以下の2つとなります。

幅広い年齢層の包茎手術を受け入れている

ABCクリニックは、年齢層問わず様々な包茎治療を行っているクリニックです。実績や症例件数は申し分なく、年間3,000件以上の修正手術を行っています。

また、法定基準以上の無菌処置を行い、徹底した感染症防止対策が行われているため、安心して手術を受けることが可能です。

「3.30.3プロジェクト」で更に安価な包茎手術が可能

ABCクリニックが行っている「3.30.3プロジェクト」は、5万円の包茎手術が3万円で受けられるほか、その他の手術も30%割引となるためお勧めです。キャンペーンの適用条件は、来院予定日の3日前までに、「3.30.3プロジェクト」のページからメール経由で予約をします。その際、備考欄に「3.30.3プロジェクト希望」と記載してください。

キャンペーンが適用された場合、手術費用は以下の通りとなります。参考にしてください。

《ABCクリニックの費用一覧表》

手術法 費用
ABC式CSカット 5万円→3万円
ABC式Sカット 10万円→7万円
カントン包茎Sカット 15万円→10万5千円
真性包茎Sカット 15万円→10万5千円
Vカット(美容特殊) 20万円→14万円

 

ABCクリニック公式サイトへ


 

(3-3)東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックのキャプチャー

東京ノーストクリニックは、開院から30年の歴史を誇る包茎手術の専門クリニックです。お勧めする理由は、以下の2つとなります。

切除ラインが亀頭直下となるため傷跡が目立たない

東京ノーストクリニックでは、「美容形成術」と呼ばれる術式を採用しています。亀頭直下を切除し、ペニスの形状や包皮の状態に合わせながら医療器具を使い分けるため、傷跡が目立ちません。

また、縫合する際は、美容整形外科で採用されている縫合方法で縫い合わせることから、仕上がりがとても自然な状態となります。修正手術に関しても積極的に実施していますので、安心して包茎手術を任せることが可能です。

相場費用で高度な包茎治療が受けられる

東京ノーストクリニックの手術費用は、切らない手術・切る手術によって異なるシステムとなっています。包茎の症状に関係なく、下記の費用で手術ができるため大変お得です。詳細は次の通りとなります。

  • 吸収糸を使用する包茎手術 7万円
  • 二重まぶたを整形する手法を応用した切らない手術 3万円

東京ノーストクリニック公式サイトへ

 

4、まとめ

40代になってから、包茎手術を受けても遅すぎることはありません。適切なクリニックを選び、長年一人で抱えてきたコンプレックスを解消しましょう。最後にもう一度、クリニックを選ぶ際に気をつけたい3つのポイントをお伝えします。

  • 泌尿器科より包茎専門クリニックで手術を受ける
  • 修正手術を行っているか
  • 症例数が多いか

 

上記3つを踏まえた上で、まずは複数のクリニックのカウンセリングを受けてください。そうすることで、最も納得のいく仕上がりが期待できます。

また、最低でも本記事でご紹介した3つのクリニックに、カウンセリングに行くようにしましょう。なぜなら、技術力の高い医師が執刀するからです。その証拠に、3つのクリニックでは修正手術の受け入れを積極的に行っています。

まずは、3つのクリニックのカウンセリングを予約し、足を運んでみてはいかがでしょうか。