なぜABCクリニックの治療費は安いの?安さの秘密に迫る

あなたはABCクリニックの治療費の安さに疑問を感じていませんか?ABCクリニックの包茎治療の費用を初めて目にしたときは、その金額の高さに驚きましたよね。

治療費が安いのは利用者からすればうれしいことですが、その反面「腕が悪いのでは?」「実際にクリニックに足を運んだら、高額な治療費を請求されるのでは?」といった不安もよぎりますよね。

今回はABCクリニックの治療費が安い理由を探っていきます。治療費の値段設定に疑問をいだいているあなたの参考になれば幸いです。

 

1、ABCクリニックの治療費について

ABCクリニックの治療費について

包茎治療について調べている人なら、ABCクリニックの治療費が他よりも安いことはなんとなく感じていますよね。具体的な治療費をあげながら、安さの秘密を紹介していきましょう。

 

(1-1)仮性包茎手術なら5万円!

こちらの表は、ABCクリニックの主要な手術費用を一覧表です。

《ABCクリニックの費用一覧表》

手術法 費用
ABC式CSカット 5万円
ABC式Sカット 10万円
カントン包茎Sカット 15万円
真性包茎Sカット 15万円
Vカット(美容特殊) 20万円
VTカット(美容特殊) 35万円~

この中で最も安いのは、5万円の「ABC式CSカット」という治療ですね。包茎治療を行うクリニックは、各クリニックで手術に独自の名前をつけるため、少々分かりにくいかもしれません。

ABC式CSカットは、仮性包茎をズルムケにする「環状切開術」に分類される手術です。包茎手術の中でも最もシンプルで簡単な手術で、高確率でペニスがツートンカラーになってしまうというデメリットはあります。

ただし、包茎を改善できることに変わりはありません。例えば、すでに結婚していてペニスがツートンカラーになっても気にしない、男友達にツートンカラーを指摘されても笑いのネタにできるような人は、たったの5万円で仮性包茎をズルムケにできるわけです。

 

(1-2)「3,30,3プロジェクト」を利用すれば3万円!

ABCクリニックの3、30、3プロジェクトとは

これまでいくつかのクリニックのホームページを見てきてあなたは、「5万円…安いな。」と思ったかもしれません。しかし、ABCクリニックの実力はこんなものではありません。ABCクリニックでは、「3,30,3プロジェクト」というキャンペーンを実施しています。

手術を希望する3日前までに予約をして「3,30,3プロジェクトを利用希望」と伝えると、5万円のABC式CSカットをさらに安い3万円で受けられるのです。

それだけではありません。3,30,3プロジェクトを利用すれば、ABC式CSカット以外の治療も全て30%OFFの値段で受けられます。上の表にVカット(美容特殊)という治療方法がありますね。

Vカットは一般的に「亀頭直下埋没法」と呼ばれる治療法であり、ペニスがツートンカラーにならずにすみます。確かな技術が必要なため、どのクリニックでも亀頭直下埋没法に該当する治療法は値段が高めですが、とても人気があります。

亀頭直下埋没法であれば、20万円という治療費はそこまで格安というほどのものではありません。しかし、3,30,3プロジェクトを利用して30%OFFの14万円で受けられるとなると、かなりお得です。

 

(1-3)他のクリニックの費用はどうなの?

ABCクリニックの費用だけをみて「安い」と言われても、いまいちピンと来ないかもしれませんね。他のクリニックの包茎治療の費用と比較してみましょう。

《包茎治療最安値比較表》

クリニック名 費用
上野クリニック 7万2000円
ABCクリニック 3万円
東京ノーストクリニック 7万円
皐月クリニック 4万9000円
本田ヒルズタワークリニック 10万円~

上の表は、各クリニックの環状切開術に分類される手術の費用を比較したものです。ABCクリニックの費用は、ABC式CSカットに、3,30,3プロジェクトを適用したものです。

こうして表にしてみると、ABCクリニックの費用がずば抜けて安いことがわかりますね。「でも、ABCクリニックだけキャンペーンの料金で比較するのは、不公平なのでは?」とあなたは思ったかもしれません。確かに3,30,3プロジェクトが期間限定のキャンペーンなら不公平かもしれませんね。

しかし、このキャンペーンは現在では1年を通して実施しているキャンペーンなのです。キャンペーンの具体的な利用方法については後述しますが、ABCクリニックを利用するなら必ずあなたも利用できるキャンペーンなので、安心してください。

 

(1-4)なぜこんなにも安いのか?

なぜ、他のクリニックの治療費がこんなに高く、ABCクリニックは安いのか気になりますよね。

そこには、広告費が大きく関係しています。クリニックも慈善事業で包茎治療を行っているわけではありませんから、経営を続ける以上は利益を追求しなければいけません。経営を続ける中でさまざまな経費がかかりますが、その中のひとつに広告費があります。

包茎治療というあまり表に目立たないジャンルで患者を集めるためには、包茎治療に興味を持ってもらったり、クリニックの存在を知ってもらわないといけません。そのために新聞、雑誌、テレビCM、ラジオなどさまざまな媒体に広告を出しますが、莫大な費用がかかります。その費用を回収して利益を生み出すためには、治療費を高額に設定しないといけません。これが一般的なクリニックのやり方です。

一方、ABCクリニックは他のクリニックよりも大幅に広告を減らし、費用を削減しました。運営のために必要な経費(広告費)が大幅に減れば、今回紹介したくらいまで治療費を安く抑えてもしっかり利益を出していけるのです。

広告を減らせば、その分人の目につく機会は減り、患者さんの数も減ってしまうかもしれません。過去のABCクリニックの患者数を知ることはできませんでしたが、もしかしたら、ABCクリニックも広告を減らした当初は、患者数の減少に悩んだかもしれません。

しかし、今では包茎治療業界の中では上野クリニックと肩を並べる最大手の地位を確立しています。その理由のひとつにインターネットの発達が考えられます。昔であれば、宣伝する方法といえば、新聞や雑誌を使った広告でした。しかし、今では広告を出さなくてもなにか強みがあれば、自然とネット上で口コミが広がり知名度があがります。

ABCクリニックの場合は、他のクリニックよりも格段に安い治療費が強みとなり、わざわざ広告を必死に出さなくても、インターネット上でその存在が知れ渡っていったのでしょう。

 

(1-5)安くて大丈夫なのか?

ここまでABCクリニックの安さばかりに注目してきましたが、あまりに安いと「技術面で劣っているのは?」と心配になることでしょう。しかし、その点も安心してください。ABCクリニックは、安さと高い技術を両立しています。

ABCクリニックの技術が高いと言える根拠としては、「他院修正再手術」を取り扱っている点があげられます。

他院修正再手術は、他のクリニックで包茎治療を受けて不具合があった場合に、その不具合をABCクリニックで修正する手術です。技術力が低いクリニックで包茎治療を受けると、縫合跡が汚く見た目が悪かったり、包皮を余分に切りすぎて痛みを伴うつっぱり感が発生するといった不具合が生じることがあります。

そんな不具合を修正する手術は、手付かずのペニスに包茎手術を施す以上に難しく高い技術が要求されます。ABCクリニックは、治療費一覧にも「他院修正再手術」の費用をしっかりと掲載し、積極的に手術を引き受けています。

クリニックの中には、技術が乏しく包茎治療手術だけ引き受けて、他院修正再手術は断るようなところもあるのです。それだけ高い技術力を要求される手術を積極的に引き受けているという点は、技術力の高さの裏付けになりますよね。

 

2、その他の治療費は?

ABCクリニックでぼったくりはない?

包茎治療について調べていると「ぼったくられた…。」という話を耳にすることがあります。そんな話を聞くと、「もしかしてABCクリニックも、実際にはサイトに書かれている治療費以外のお金も請求されるのでは?」と不安になりますよね。

 

(2-1)本当に3万円以外費用はかからないの?

3,30,3プロジェクトを利用してABC式CSカットを受けると、3万円(税抜き)の治療費で済むはずです。この費用の中には、施術費用だけでなく、麻酔代、術後の薬代もしっかりと含まれていることが、公式サイトで明記されています。

また、包茎治療では縫合が必要になるケースが多く、他のクリニックでは使用する糸によって料金が大きく変わってくることもあります。この点も「糸や麻酔によって料金が変わることはありません。」とサイトに明記されています。

ABCクリニックの費用の注意点

「患者様から仕上がりの指定がある場合は、料金が加算される場合があります。」との注意書きはあります。例えば、「縫合箇所はここにしてほしい。」といった希望をすれば、3万円以外にも費用がかかる可能性が出てくるわけですね。

ただし、「手術中や、手術後に料金が変わることはありません。」とも明記されています。手術前に「今回の手術費用は3万円です。」と説明されたにもかかわらず、術後に「〇〇の手術を追加したので、費用は10万円です。」といったように費用が跳ね上がる心配はないわけです。

仮に仕上がりを指定して3万円以外の費用がかかるとしても、それは手術を行う前の段階ではっきりと説明されるはずなので、安心してくださいね。

 

 

(2-2)オプションを勧められたら?

包茎治療では、「オプション手術」が存在します。具体的には亀頭増大術や長茎術といったものがあり、これらの手術を追加することで包茎を改善するだけでなく、さらに立派なペニスを手に入れられます。

ただし、オプション手術を追加すれば当然3万円では手術ができませんし、中には100万円以上かかるものも存在します。包茎治療を扱うクリニックの中には、「包茎手術だけでなく、亀頭増大術を追加しないとちょっと…。」というように、不安を煽って無理やりオプション手術の追加を勧めてくるようなところも実際にあるようです。

ABCクリニックでも、ひとつの提案としてオプション手術の追加を提案してくることもあるでしょう。しかし、強引に勧めてくるようなことはありません。中には、今まで包茎だったせいで亀頭がかなり小さく、本当にオプション手術が必要な場合もあります。その場合は明確な理由とともにオプション手術を勧められるので、自分が納得できるなら追加して、必要ないと感じるなら断ってしまって良いでしょう。

 

(2-3)治療費の支払いはいつ?

いくらABCクリニックが安いといっても、選択する手術方式やオプション手術の追加によっては治療費も高額になります。実際に治療を受けるとなると、いつ治療費を支払うことになるのかも気になりますよね。

ABCクリニックでは、手術前に治療費の支払いが発生します。こちらのページには予約からアフターケアまでの一連の流れが書いてあるので、目を通しておくと支払いのタイミングも含めて流れが想像しやすいでしょう。

 

《参考 ABCクリニック 治療の流れ》

http://www.abcclinicad.com/flow.php

 

(2-4)高額の場合はローンの利用も可能

包茎手術は高額になりやすく、「そんな金額、現金じゃ用意できない…。」と肩を落としてしまうかもしれません。しかし、ABCクリニックは、現金以外にもクレジットカードやメディカルローンでの分割支払いにも対応しています。

もちろん、ローンの申込みには審査がありますが、本当に包茎治療をしたいと考えるなら、支払いに無理のない範囲であれば利用する価値はあるでしょう。もしメディカルローンの利用を前提として手術を考えているなら、クリニックに足を運ぶ際に次の3つのものを持参しておくとスムーズです。

  • 現住所記載の身分証明書
  • 口座振替用の通帳
  • 印鑑

 

また利用できるクレジットカードの種類は、こちらのページの下に掲載されているので参考にしてくださいね。

《参考 ABCクリニック 治療費用一覧》

http://www.abcclinicad.com/flow.php

 

(2-5)忘れずに「3,30,3プロジェクト」を利用しよう

技術も高く、治療費の安さにも納得の理由があると分かれば、あなたは前向きにABCクリニックでの治療を検討するかもしれませんね。もし、あなたがそうお考えなら、絶対に3,30,3プロジェクトを忘れずに利用してくださいね。これを使わないと、あなたは大損してしまいます。

3,30,3プロジェクトを利用する方法は簡単です。希望する手術の3日前までに、予約を入れ「3,30,3プロジェクトの利用希望」と備考欄に入力するだけです。これだけでキャンペーンが適用され、ABC式CSカットが3万円、その他の治療費は30%OFFとなります。

詳しい説明は、こちらからも確認できます。

《参考 ABCクリニック 3,30,3プロジェクト》

3.30.3プロジェクトの詳細はコチラ

 

3、まとめ

ABCクリニックの治療費の安さの秘密について紹介してきましたが、いかがでしたか?最後に今回の話を、簡単にまとめておきましょう。

  • ABCクリニックなら、最安3万円で仮性包茎の治療が可能
  • 3,30,3プロジェクトのおかげで、他のクリニックよりも治療費が安い
  • 安さの秘密は、広告費の削減にあり
  • オプション手術を追加しなければ、治療費は安く抑えられる
  • ABCクリニックで手術する場合は、3,30,3プロジェクトの利用を忘れずに!

 

ABCクリニックは、広告費を大幅に削減することで数ある包茎治療クリニックの中でも抜群に安い治療費を実現しています。決して、腕の悪い安い医師を安く雇って治療費を安くしているわけではないので、技術面でも心配はいりません。

包茎治療に限った話ではありませんが、何も考えずに「安さ」ばかりを求めると、安さに見合ったものしか手に入れられないことが多いですよね。しかし、ABCクリニックの安さにはハッキリと理由があります。きっとABCクリニックで治療を受ければ、安さ以上に納得できる治療を提供してもらえることでしょう。

あなたがABCクリニックの安さに納得して、前向きに治療を検討することを願っています。

3.30.3プロジェクトの詳細はコチラ