青山セレスクリニックの包茎治療費用は?

あなたは清潔感の高いイメージがある青山セレスクリニックの費用や特徴を知りたいと思っていませんか?

自分の大事な部分にメスを入れる包茎手術。誰だって失敗したくありませんよね。そのためには、入念に調査を重ねた上で慎重にクリニックを選ぶ必要があります。今回あなたが気になっている青山セレスクリニックは、関東に3店舗を展開しており、包茎治療だけでなく女性をメインターゲットとした美容外科も併設しています。

そのため、他のクリニックと比べると院内の清潔感が違います。また、美容外科と包茎治療を担当する医師が一緒のこともあり、美容外科を利用した多くの女性は、医師やカウンセラーの対応に満足しているという口コミを残しています。

今回はそんな青山セレスクリニックで包茎治療を受ける場合の費用を詳しく紹介していきます。そして、青山セレスクリニックが本当に包茎治療を受けるに値するのか、クリニックの特徴を紐解きながら考えていきましょう、

青山セレスクリニックに興味をいだいているあなたが、包茎治療クリニックを選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

1.青山セレスクリニックの費用は?

きっとあなたが初めて包茎治療について調べたとき、費用の高さに驚いたことでしょう。それからというもの新しいクリニックの存在を知るたび、真っ先に治療費について調べていたのではないでしょうか?

まずは包茎治療の中でも特に気になる治療費について紹介していきましょう。

《青山セレスクリニックの費用一覧表》

手術法 費用
仮性包茎 7万円
カントン包茎 12万円
真性包茎 14万円

 

(1-1)青山セレスクリニックの手術は、亀頭直下埋没法!

これまで包茎治療についてある程度調べてきたなら、「青山セレスクリニックの包茎手術は、環状切開術?亀頭直下埋没法?どっちだろう。」と疑問に思うことでしょう。

ホームページの施術費用のページには、詳しい記載がありません。実際に青山セレスクリニックに問い合わせると、ホームページで紹介している費用は亀頭直下埋没法で手術をした場合のものだということがわかりました。

亀頭直下埋没法のほうが値段は高くなりますが、環状切開術より自然な仕上がりになるので、多くの人は亀頭直下埋没法を選択します。

 

(1-2)真性包茎とカントン包茎は、費用の追加を覚悟するべし!

真性包茎とカントン包茎は仮性包茎とは少し事情が変わってきます。包茎手術の「余分な包皮を切って、縫合をする」という作業をするためには、最低でも包皮を全てむいて亀頭を露出できる状態でなければいけません。

包茎の中でもっとも症状が軽い仮性包茎は、指を使えば包皮をすべてむいて亀頭を露出できます。これなら7万円の費用で手術が可能です。

しかし、カントン包茎だと包皮の強い絞扼(しめつけ)のせいで、亀頭を露出するのが難しいです。真性包茎だと亀頭と包皮が癒着(くっついている状態)しており、やはり露出は難しいです。人によっては真性包茎でも癒着がある程度はがれている場合がありますが、長い時間亀頭を露出していないため、包皮の絞扼が強く結局亀頭を露出できません。

つまり、カントン包茎と真性包茎だと、まずは「包皮の絞扼」と「亀頭と包皮の癒着」を解消する手術を行い亀頭を露出できるような状態にして、はじめて「余分な包皮を切って縫合する」という包茎を改善するための手術ができるわけです。

残念ながら、青山セレスクリニックの場合は上で紹介した包茎手術の費用とは別に、次の費用が発生する可能性があります。

《カントン包茎、真性包茎の追加費用》

手術法 費用
絞扼除去 6~10万円
癒着剥離 5~10万円

これらの費用はホームページには記載されていないので、しっかりと覚えておいてくださいね。絞扼、癒着がどの程度のものかによって費用も前後するので一概には言えませんが、亀頭と包皮の癒着や絞扼がひどい真性包茎なら、単純に計算しても「真性包茎手術14万円」+「絞扼除去10万円」+「癒着剥離10万円」=合計40万円かかることにもなりかねません。

 

(1-3)抜糸式なら+3万円

包皮を切除したら必ず糸を使って縫合をしなければいけません。包茎手術では「抜糸が必要な糸」と「溶ける糸」のどちらを使うかを選べることが多いです。青山セレスクリニックでは、抜糸が必要な糸での施術を希望する場合、治療費が3万円追加されます。溶ける糸での施術を希望する場合は、費用の追加はありません。仮性包茎なら7万円で治療が可能だということです。

抜糸が必要な糸と溶ける糸、それぞれのメリットとデメリットを紹介しておきましょう。

溶ける糸

溶ける糸はその名の通り、手術をしてから少しずつ時間をかけて体内に溶け込んでいきます。溶ける糸を使った場合、手術後に再来院する必要はありません。しかし、抜糸が必要ない糸と比べて、糸自体が太くなってしまいます。

溶ける糸を使う場合、あまり細い糸を選んでしまうと傷がしっかりと落ち着く前に糸が溶けてしまい、傷の治りが悪化する可能性もあります。一般的に手術後2週間ほど糸がついていれば、問題がないと言われています。しかし、溶ける糸の溶け具合は個人差があるため、実際に溶ける糸を使う場合は4週間ほどの時間をかけて溶ける太い糸を使うのです。糸が太いということは、それだけ糸の傷跡も残りやすいといえます。

抜糸が必要ない糸

抜糸が必要ない糸だと、溶けない糸とは違い糸の細さを追求できるため、術後の仕上がりはより綺麗になります。

しかし、術後数週間後に抜糸のためもう一度クリニックに足を運ばなければいけません。溶ける糸と違い、手術当日だけでなく抜糸時にも医師の手技が必要となるわけですから、青山セレスクリニックの場合は3万円の追加費用がかかります。

 

(1-4)青山セレスクリニックと他院の費用と比較

青山セレスクリニックの基本的な治療費がわかりましたが、いまいち青山セレスクリニックの費用が安いのかどうか分かりにくいですよね。せっかくなので、他院と費用を比較してみましょう。

青山セレスクリニックの包茎手術は亀頭直下埋没法を基本としているため、環状切開術の費用は記載していません。基本的には各クリニックで環状切開術、亀頭直下埋没法を行える「最安値」の費用を記載しています。青山セレスクリニックは、仮性包茎を手術した場合の費用7万円を比較の対象として利用します。

《他のクリニックと費用比較》

クリニック名 環状切開術 亀頭直下埋没法
ナイロン糸 吸収糸
青山セレスクリニック 7万円
上野クリニック 7万2000円 10万円 18万2000円
ABCクリニック 3万円 3万円 14万円
東京ノーストクリニック 7万円 30万円~40万円
皐月クリニック 4万9000円 4万9000円 25万円
本田ヒルズタワークリニック 10万円~ 10万円~ 30万円~

こうして他のクリニックの治療費と比較してみると、青山セレスクリニックの7万円という費用はかなり安い部類に入ることがわかりますね。包茎治療業界の大手として有名で技術力の高さに抜群の定評がある「上野クリニック」は、18万2000円と青山セレスクリニックの2.5倍ほどの治療費と言えます。

上野クリニックと肩を並べる大手で、「安さと技術」を兼ね合わせていると評判のABCクリニックでも14万円と青山セレスクリニックの2倍ほどの治療費がかかります。

単純に治療費だけ比較してみれば、大手の2クリニックよりも青山セレスクリニックで治療を受けたくなりそうですよね。しかし、包茎クリニック選びで大切なのは、治療費の安さだけではありません。他の部分もしっかりと比較してみないと、本当に自分にぴったりと合うクリニックかどうかは判断できません。

 

(1-5)青山セレスクリニックでぼったくられる心配は?

ネットで調べる限りでは、青山セレスクリニックでぼったくられたという口コミは確認できませんでした。また、ホームページには次のような記載があります。

  • 当院より不必要な治療の営業をかけたり、無理に治療を勧めるようなことは一切行いません。
  • 治療中や治療後にさらに費用を請求することは一切ございません。

 

以上の文章から、青山セレスクリニックが上で説明したようなぼったくりのトラブルが包茎治療で頻繁に発生している事実をしっかりと認識していることが伺えますね。そして、しっかりと治療中や治療後に追加で費用を請求することはないと明言しています。

また、青山セレスクリニックはホームページで執刀を担当する医師やカウンセラーの名前、顔写真、経歴といったものを堂々と公開しています。これだけ堂々と公開していれば、少しでも治療費をぼったくるようなことをしたら、ネットが発達している現代ではすぐに炎上するでしょう。

このような点から、青山セレスクリニックでぼったくられるような心配はしなくても良いでしょう。

 

2.青山セレスクリニックの特徴は?女性スタッフがいるという噂も?

治療費は他のクリニックよりも安めで、ぼったくられる不安もなさそうな青山セレスクリニックですが、本当に治療を受けるに値するクリニックなのでしょうか?もう少し治療費以外の青山セレスクリニックの特徴を取り上げて見ていきましょう。

 

(2-1)来院実績42920人の実力は?

クリニックにとって来院者数は、大きな宣伝材料となります。やはり、来院者数が多いほどそれだけ多くの人を惹きつける魅力があるということですからね。

青山セレスクリニックは、ホームページで2017年の来院実績を「4万2920人」と公表しています。包茎治療の大手クリニックである上野クリニックは、2017年度の来院実績数を「1万5502人」と公表しています。

青山セレスクリニックには、上野クリニックの2~3倍ほどの患者が足を運んでいることになります。これだけの来院実績を誇っているということは、青山セレスクリニックの腕は超一流!!…と判断できるかというと、それは難しいですね。

この数字には少しからくりがあります。青山セレスクリニックに問い合わせてみると、4万2920人という数字は「男性器治療」と「美容外科治療」に訪れた人数を合計したものということでした。

実は青山セレスクリニックは男性器治療だけでなく、AGA治療、そして女性向けの美容外科治療も行っています。ネット上の口コミを満遍なく調べた結果、青山セレスクリニックに対する口コミは圧倒的に女性が書き込んだ美容外科治療に対するものが多いです。

口コミの割合から考えると、詳細な人数までは分かりませんが42920人の来院者の中で包茎治療を受けた人は、そこまで多くはないと推測できます。

 

(2-2)女性スタッフと接しなければいけないことも…

包茎治療を専門とするクリニックは、医師やスタッフを男性で統一しています。やはりペニスという体の中でも特にデリケートな部位の悩みですから、異性がいると気が引けてしまいますよね。

青山セレスクリニックは、先ほどもお伝えしたように女性向けの美容外科も併設しており、女性看護師や女性スタッフもいます。直接の治療やカウンセリングは、男性医師と男性カウンセラーによって行われますが、事務手続きや手術の助手は女性スタッフ・女性看護師が対応します。

青山セレスクリニックに足を運ぶということは、見ず知らずの女性に「僕は包茎で悩んでいます。」と伝えるのと同じことなわけです。さらに手術の助手を女性看護師がするとなれば、包茎のペニスを見ず知らずの女性に見られてしまう可能性も…。

これを受け入れられる男性は、そう多くないのではないでしょうか?他の部分が魅力的だとしても、これだけでもクリニックに足を運ぶのを止めてしまう可能性は十分にありますよね。

 

(2-3)5万円で完全無痛麻酔が可能

包皮にメスを入れるとなれば、絶対に麻酔は必要です。多くのクリニックは独自の麻酔方法を研究し、少しでも患者への負担が少なくなるように努力しています。

麻酔をすれば、包皮にメスを入れるときの痛みを感じなくなるのは当たり前のことです。しかし、普通なら麻酔を注射するときの痛みは感じてしまいます。多くのクリニックはペニスに麻酔を注射するときの痛みを感じにくくさせるために、スプレー麻酔やシール麻酔といった方法で皮膚に麻酔をかけたりしています。

青山セレスクリニックは、他のクリニックとは違い治療メニューに「完全無痛麻酔」を用意しています。完全無痛麻酔では、マスク麻酔(ガス麻酔)を使用します。マスクをつけてガスを吸い込むと深い眠りにつき、気づいたときには手術が終わっている状態です。

皮膚に感覚が残っている状態で針を刺すことは一切なく、息を吸い込むだけで麻酔がかかるので完全無痛を実現できます。多くのクリニックで行われる局所麻酔でも、かなり痛みを抑えられているほうですが、やはり意識が残っている状態でメスを入れられることに大きな不安を抱く人もいます。そういった点から考えても、完全無痛麻酔が患者に大きな安心感を与えられる点は大きなメリットですね。

しかし、完全無痛麻酔を利用する場合には、5万円の費用が追加でかかります。本当に痛みが苦手な人にとっては5万円を支払ってでも利用したいと考じるかもしれませんが、あなたはどうでしょうか?

ちなみに完全無痛麻酔を利用する場合は、治療の4時間前から飲食は禁止、治療当日の車・自転車・バイクの運転は控えなければいけません。麻酔が切れた後はお酒に酔ったような感覚に襲われるので、術後15~60分ほどクリニックで休憩してから帰宅することになります。

 

(2-4)関東以外だとアフターケアを受けにくい

包茎手術を受ける人にとって、アフターケアの手厚さも非常に重要なポイントです。やはり包皮を切除するわけですから、術後には出血がおきたり痛みの発生といったトラブルが起きる可能性はゼロではありません。そう考えると、アフターケアの重要性が理解できるでしょう。

青山セレスクリニックでは手術が終わると、夜間緊急電話番号を教えてもらえます。こちらの電話は24時間連絡がとれるようになっています。いくら「なにかあったら24時間いつでもお問い合わせください。」と言われても、夜間だとちょっと気が引けてしまうものです。しかし、「夜間緊急電話番号」と言われると、なんだけ電話をかけやすくなりますね。

また、術後のアフターケアはすべて無料ですので、電話だけでは不安だという場合でも費用を気にせずクリニックに足を運べますね。ただし、遠方から青山セレスクリニックに足を運んだ場合は、もう一度クリニックで診てもらうとなると交通費もバカにならないので、この点は全国展開している大手のクリニックには劣ってしまうかもしれませんね。

 

(2-5)交通費負担制度あり

青山セレスクリニックは、東京都、埼玉県、千葉県に3店舗しか存在しません。関東在住なら問題ありませんが、それ以外の地域に住んでいる場合はいくら治療費が安くても交通費がかかってしまいます。

そこで、青山セレスクリニックは遠方から足を運んでくれる患者に対して、交通費負担制度を用意しています。しかし、負担してもらえる金額はそこまで期待できません。

ホームページのトップページ「PICK UP CONTENNS」には、「交通費全額負担します」と書かれた画像が確認できますが、クリックして内容を確認すると次のような内容が書かれています。

治療費用総額の5%以内の金額まで、領収証と引き換えにご自宅から当クリニックまでの交通費をお支払いいたします。

確かに関東から少し離れた程度の場所であれば「交通費全額支給」も夢ではないと思いますが、遠方だと難しいものがあります。過度な期待はしないほうが良いでしょう。

とは言っても、もし青山セレスクリニックで手術を受けるなら交通費負担制度を利用しない手はありません。利用の際にはいくつか条件があるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

(2-6)包茎手術経験者である専任カウンセラーが対応

青山セレスクリニックに足を運ぶと、医師によるカウンセリングと過去に包茎手術を経験している専任のカウンセラーによるカウンセリングを受けられます。どうしても医師を相手にすると、ちょっとした質問ができなかったり、萎縮してしまう人は多いです。そんな些細な疑問や悩みに、専任のカウンセラーが包茎手術を受けた経験を交えて答えてくれます。

ちなみに専任のカウンセラーと医師の雰囲気は、こちらの動画からも確認できます。「どんな人がカウンセリングや手術をしているんだろう?怖い人、冷たそうな人だと嫌だな…。」と不安に思う方は一度目を通すことをおすすめします。

 

ユーチューブ 【船橋中央クリニック】男性患者様へのメッセージ

 

 

3、まとめ

青山セレスクリニックの費用や特徴を紹介してきましたが、あなたには青山セレスクリニックがどのようなクリニックに見えたでしょうか?

青山セレスクリニックは費用の面では大きな問題はなさそうですし、別途費用がかかるとしても(5万円)完全無痛麻酔を利用できます。また、ホームページでも手術を担当する医師や専任のカウンセラーをしっかりと紹介している点は、非常に好感がもてます。

しかし、女性をターゲットにした美容外科を併設しているので、女性スタッフや女性の看護師もいます。問い合わせた限りでは、包茎治療の場合でも受付の対応は女性ですし、手術の助手には女性看護師が入るようですから、確実にあなたが包茎だということを見ず知らずの女性に知られることになります。

あなたがこの点を許容できるかどうかで、青山セレスクリニックが利用するに値するクリニックかどうか変わってきますね。多くの男性は自分のペニスに自信がもてないから包茎治療を受けるわけなので、個人的には男性スタッフのみで対応している上野クリニックやABCクリニックをおすすめします。

いずれのクリニックも無料でカウンセリングを行っているので、あなたが複数のクリニックに足を運んでカウンセリングを受けた上で、自分に合うと感じるクリニックを選ぶことを願っています。

合わせて読みたい

ABCクリニックのネット上の評判は?口コミを徹底調査!

上野クリニックの評判・口コミをまとめてみた