包茎は遺伝とは関係ない理由|包茎とズルむけはどこで差が出た?

低身長、太りやすい、目が小さい、体の中にコンプレックスと感じる部分があると親からの遺伝をついつい考えてしまいますが、あなたは包茎も親からの遺伝が原因だと思ってはいませんか?

確かに身長は遺伝による影響が強く出るという噂もあり、体の一部であるペニスの包茎も実は親からの遺伝なのでは?と考えてしまいたくなりますよね。しかし、包茎は遺伝による影響は少ないといわれています。

「それなら僕の包茎は誰のせいなんだ!!」と嘆きたくなるかもしれませんが、考え方を変えると今からでもあなたの包茎を改善できる余地があるということですよね。ここでは包茎と遺伝の関係、そして自分の包茎が遺伝のせいだと諦めていたあなたでもできる包茎の改善方法を紹介していきます。

この記事を読んであなたが皮をかぶった自分のペニスに希望をもってもらえれば幸いです。

 

1.包茎は遺伝するものなのか?

包茎は遺伝するのが考えているイラスト

まずはあなたが最も知りたい「包茎は遺伝するのか?」という疑問から解決していきましょう。

 

(1-1)包茎に遺伝要素は関係ない!

結論からいえば、現段階で包茎が遺伝するという学説は発表されていません。そのためあなたが包茎だとしても「包茎になる」という遺伝子が親からあなたへ遺伝して包茎になったとは考えにくいです。

ちなみにあなたは「どうして僕だけ皮がむけない真性包茎で生まれてきたんだろう。親の遺伝かな…。」と思ったことはありませんか?この考え方には2つの勘違いがあります。ひとつめが「親の遺伝で包茎になった」という部分、ふたつめが「僕だけ真性包茎で生まれてきた」という部分です。

なぜなら、生まれてきた男性は全員が真性包茎だからです。亀頭と包皮は癒着しており、包皮もまだ広がにくくペニスを露出できないのが当たり前の状態として生まれてくるのです。そして、一般的にはペニスのサイズが体の成長とともに大きくなることで包皮が広げられ、オナニーをしたりお風呂で自分でペニスをいじることで少しずつむけるようになり、仮性包茎へとステップアップしていきます。

本格的にペニスに関する悩みを抱くのは中学生あたりですから、この頃になるとすでに仮性包茎、もしくはズルムケになっている人も多いため周りと比べてと「自分だけが真性包茎で生まれてきた」と勘違いしてしまうのもうなずけます。

このように包茎が遺伝する学説が存在しないだけでなく、男性はみんな真性包茎で生まれてくることを考えると、余計包茎が遺伝するというのは考えにくくなりますよね。

 

(1-2)ペニスの大きさが遺伝する可能性はある

「あなたは包茎になる」という遺伝子が親から子へ遺伝するとは考えにくいです。ただし、ペニスの大きさ、包皮の長さといった部分は遺伝も関係してくる可能性があります。遺伝によってペニスが小さく、包皮が長くなれば包茎にもなりやすいのです。

成長するにつれてペニスが大きくなるほど、包皮の先端部分は亀頭によって押し広げられ癒着もはがれていくため、真性包茎から仮性包茎、もしくはズルムケになります。

だから、ペニスの大きさは包茎のなりやすさと関係しているといえるのです。ただし、遺伝がすべてでペニスの大きさが決まるわけではありません。他にも生まれた後の食生活、運動習慣、睡眠習慣なども強く影響してくるため、「父さんのペニスが小さいから、僕のペニスも小さくて包茎になったんだ…。」と考えるのはやめましょう。

 

(1-3)包茎になると生まれつき決まっているわけではない!

包茎になる遺伝子が遺伝するとは考えづらいですし、遺伝する可能性があるペニスの大きさでさえも生まれてからの後天的な影響によって左右される可能性があります。つまり、人は包茎になると生まれつき決まっているわけではないということですね。

遺伝で包茎になると決まっているとすれば、あなたはこれまでもこれからも包茎から逃れられないわけですが、生まれつき包茎になると決まっているわけではありません。今後の対応次第で十分包茎を改善できる可能性は残されているので希望を持ちましょう。

 

2.包茎とズルむけ、どこで差が出た?

包茎に遺伝は関係ないのに、なぜ包茎になる人とズルムケになる人がいるのか気になりますよね。もう少し詳しくその理由を紹介しましょう。

 

(2-1)思春期の頃にペニスをいじった頻度

包茎になるかズルムケになるかの鍵のひとつが、思春期の頃にペニスを積極的にいじったかどうかです。男は誰でも真性包茎で生まれてきますから、成長するにつれて真性包茎から仮性包茎、もしくはズルムケへとステップアップしていくのが普通です。

真性包茎から次の段階へとステップアップするためのポイントが、「癒着」と「包皮輪の広がり具合」です。亀頭と包皮が癒着してくっついてしまっている、もしくは包皮輪という亀頭の出入り口の皮の輪っか部分が狭すぎることが原因となって真性包茎からステップアップできないまま成長してしまうのです。

ペニスの構造のイラスト

ペニスが成長することでも少しずつ癒着ははがれ、包皮輪も亀頭によって押し広げられていきますが、それだけでなく自分でペニスをいじって亀頭を露出する努力も必要です。特にペニスが著しく成長する12歳~17歳といった思春期に積極的にオナニーをしたり、お風呂で包皮をむく努力をすると真性包茎から仮性包茎、ズルムケになるのです。

あなたは中学や高校の頃、男友達とペニスに関する話をしたことがありますか?「俺はもうむけたよ。」「最近オナニーしすぎてさ。」そんな話を友達としていると自然と自分もペニスへの興味が湧いたり、周囲との違いを気にするようになりペニスいじりに積極的になれます。

しかし、内向的な性格でこういった話を友達とする機会が少ないと、ペニスや性への興味が減ってペニスをいじる頻度も少なくなり、真性包茎のまま大人になってしまう可能性も考えられます。このように思春期にペニスをいじる頻度によって、真性包茎なのか仮性包茎なのか、仮性包茎なのかズルムケなのか、といった部分に差が出るようになるのですね。

 

(2-2)皮オナニーのし過ぎでズルムケになる可能性が奪われる!?

オナニーをして包皮をむくのは包茎改善のために大切なことです。しかし、オナニーの中でも自分の包皮を上下にピストンさせて亀頭に刺激を与える「皮オナニー」をしすぎるのは良くありません。

包皮輪が亀頭に押し広げられて少しずつ広がるのと同じように、皮オナニーをしすぎると包皮が伸びすぎてしまうのです。包皮が伸びるということはペニスの長さに対して余ってしまう包皮が出てきてしまうということですから、仮性包茎になってしまう可能性が高まるのです。

手にあまり力を加えず、包皮を動かすのではなくペニスそのものを上下にこするようなオナニーをしていれば、オナニーよる刺激で真性包茎が改善でき、なおかつ包皮が伸びすぎることもなくズルムケになる可能性はあります。しかし、皮オナニーをし過ぎているとズルムケになる可能性を自ら潰してしまっているのですね。

また、すでに仮性包茎だという人も皮オナニーを続けているとどんどん包皮が伸びて重度の仮性包茎になってしまうこともあります。仮性包茎は性病や亀頭の壊死といったリスクが低く健康を損なう心配は少ないのですが、やはり亀頭が包皮で覆われているペニスは男としてはちょっと格好がつかないと感じてしまいますよね。

 

(2-3)生活習慣によるペニスの成長不足

真性包茎からステップアップするためにはペニスそのものの成長も欠かせませんが、生活習慣の影響を受けて身長が伸び悩むのと同じようにペニスの成長も生活習慣の影響を強く受けます。ペニスの成長に影響する生活習慣としては、次のようなものがあげられます。

 

・食生活

食生活で包茎を改善するイラスト

ペニスを大きくするためには、成長に必要な栄養を食事からしっかりと摂取する必要があります。例えばカツオやマグロ、豚ロースや鳥のもも肉に含まれる「アルギニン」は、ペニスの成長に必要な成長ホルモンと男性ホルモンの分泌を促す働きがあります。スイカやきゅうりに含まれている「シトルリン」には、血管を拡張する働きがあります。

食事から摂取された栄養は血液に溶け込んで血管を流れることによって、全身へと行き渡ります。血管が拡張すればそれだけペニスにも栄養が行き渡りやすくなり、ペニスが大きく成長しやすくなるのですね。

こういったペニスの成長に影響を与える栄養が不足する食生活も問題ですが、一番の問題はやはり栄養バランスが整っていない食生活ですね。栄養というのはお互いが関与しあって初めて効果を発揮するものですから、バランスは重要です。

ファストフードが当たり前のように浸透している現代では食生活が乱れやすく、そのせいであなたのペニスは成長期に思ったように成長できずに包茎になったのかもしれませんね。

 

・運動習慣

運動習慣でペニス増大させるイラスト

ペニスを成長させるためには血流を良くすることが大切ですが、運動する習慣がある人とない人では血流に差が出てきます。体の中の血液を循環させる器官といったら心臓ですが、実は筋肉も収縮することで体内の血液を循環させています。

そのため、筋力が低下すると血流が悪化してペニスの成長に悪影響が出てしまうことがあるのです。中学、高校は部活動や授業で比較的体を動かす機会は多いですが、中には体を動かすのが苦手な人もいますかよね。そういった人はもしかしたらペニスが思ったよりも成長しなかったのかもしれませんね。

 

・睡眠習慣

良い睡眠のイラスト

「寝る子は育つ!」とよくいいますが、これは質の良い睡眠をとることで体内で成長ホルモンがたくさん分泌されるからです。当然、しっかりと睡眠を確保すれば成長ホルモンによって身長だけでなく、ペニスも大きくなる可能性があります。

しかし、最近では特にスマートフォンの普及により、布団に入ってからもいつまでも夜更かしをしてしまう人が増えています。成長ホルモンの分泌はやはり思春期の頃に特に活発になりますが、この時期は夜更かしをしたくなってしまう年頃ですよね。

思春期を過ぎた後は分泌量は低下しますが、成人後でも一定量の成長ホルモンは分泌されます。しかし、ペニスは生後から5歳までの期間、そして12歳から17歳までの2つの期間で大きく成長するとされているので、特に思春期の頃の睡眠のとり方が将来包茎のままなのか、ズルムケになるのかの差に影響を与える可能性が高いのです。

 

・過剰なストレス

過度なストレスはペニスの成長を妨げるイラスト

実は常日頃から感じているストレスも成長ホルモンの分泌や血流の悪化を引き起こす原因となりうるのです。そう考えると、ストレスはペニス増大をさまたげる間接的な要因ともいえますよね。ストレスという言葉は特に上司に怒鳴られたり、毎日ノルマに追われる社会人に使われがちですが、ペニスがよく成長する時期の中学生、高校生だって毎日ストレスを感じて生きているのです。

自分の顔や体型といった容姿に関するストレス、友達関係、勉強での成績、部活動でのレギュラー争いなど考えてみると多くのストレスが存在しています。もちろん、人が生きていく上でストレスを感じることはいたって普通のことですし、心の成長にも必要なものです。

しかし、過度なストレスはペニス増大を妨げるだけでなく、心と身体に悪影響を及ぼしてしまいます。ニュースでも学生のLINEやSNSでの人間関係の悪化、自殺といったものが取り上げられていることからも分かるように、学生だって多くのストレスを感じていきているのですね。

こうして過度なストレスを感じて、なおかつそのストレスを上手く発散できずに成長するとペニスが大きくならず、真性包茎のまま、もしくは仮性包茎止まりのペニスになる可能性があるのです。

このように生活習慣の乱れも間接的にではありますがペニスの成長を妨げる要因となっており、特にペニスが良く成長する思春期の時期にこういった生活習慣の乱れが増えると将来的に包茎のままか、ズルムケになるか、差が生まれやすくなってしまいます。

もちろん、思春期を過ぎて社会人になった後でも生活習慣の乱れはペニスの成長や包茎改善に悪影響を及ぼしますから見直したいところですね。すでに成人している場合は上で紹介したポイントだけでなく禁煙もするように心がけたいところです。

 

3、遺伝だと諦めず、包茎を改善する方法!

ここまでの話であなたの包茎が遺伝のせいではないということが分かっていただけたでしょう。しかし、遺伝のせいで包茎になることはないということは、今からでも努力をすれば包茎を改善できる可能性が残されているということです。

 

(3-1)普段から包皮をむいて広げることを意識する

あなたが真性包茎なら、原因は「亀頭と包皮の癒着」「包皮輪の狭さ」の2つが考えられます。包皮をむこうとしたときに亀頭と包皮がはがれるような激しい痛みを感じるなら癒着していますし、包皮が亀頭につっかかるようなら包皮輪が狭いせいで亀頭を露出できなくなっています。

これを改善するための最もシンプルな方法は、自分の手で包皮を少しずつむいて自力で癒着をはがし、指で包皮輪を上下左右に引っ張って包皮輪を広げることです。大人になると幼いころと比べて癒着はかたくなり、包皮も伸びづらくなりますが、根気よく入浴中にこういったトレーニングをすることで、少しずつ真性包茎を改善できる可能性があります。

指で包皮をつまんで引っ張るイラスト

また、カントン包茎の場合も包皮輪の狭さが原因となっているので、同じように包皮を広げることで解消できる可能性があります。

 

(3-2)包茎矯正グッズの使用

たくさんの種類が販売されている包茎矯正グッズを利用する手もあります。例えば「キトー君」という商品は指を使うよりもずっと楽で効率的に包皮を広げられるので真性包茎、カントン包茎の改善に効果を発揮します。

キトー君をもっと詳しく

キトー君は本当に効果がある?キトー君で真性包茎が改善する仕組みを解説

また、包茎矯正グッズの中でもよく目にするカリバウアーは、仮性包茎のペニスの包皮をむいた状態で竿部分に装着することで包皮にむきぐせをつけてズルムケの状態を維持しやすくなります。

この方法では仮性包茎の原因である「包皮の余り」は解消できないので、仮性包茎の根本的な改善にはなりませんが、1万円前後の値段で危険も少なくズルムケを目指せます。また、絆創膏やアイプチといった身近なものを包茎矯正グッズの代用品として利用し、安い費用でむきぐせをつける方法もあります。

カリバウアーをもっと詳しく

カリバウアーは包茎を改善する効果が本当にある?口コミと評判まとめ

 

(3-3)手術で確実に包茎を改善!

上で紹介した方法は手軽で費用も少なく済みますが、効果の確実性が保証できるものではありません。しかし、泌尿器科やクリニックで行える手術を利用すれば、確実に真性包茎、カントン包茎、仮性包茎を改善できます。

 

・手術のメリット、デメリット

手術は数ある包茎改善方法の中でも最後の砦となります。なぜなら、他の方法とは違い確実に包茎を改善できるからです。しかし、その一方でデメリットがあるのも事実なのでまずはその点をしっかりと理解しましょう。

手術の最大のメリットは、やはり確実に包茎を改善できる点です。その一方でいくつかデメリットがあります。環状切開術という手術法は、費用が安くすむかわりに縫合跡がペニスの中央付近にきてしまい、ツートンカラーになってしまうので手術をしたことがひと目でバレやすいです。

手術がバレるのを避けるためには、もう少し費用が高い亀頭直下埋没法という縫合跡がカリ部分に隠れるように調整する手術法を選ぶ必要があるのですが、これだと性感帯を切除することもあり感度の低下が心配されます。

感度の低下を避けるために性感帯を残しつつ包皮を切除する手術法もありますが、費用がかさんでしまいます。また、泌尿器科では取り扱っている手術方法がシンプルなものなので医師の腕による手術の仕上がりにはあまり差はありませんが、クリニックは手術の仕上がりが医師の腕に大きく左右されます。クリニック選びには慎重になる必要があるのです。

 

・「泌尿器科」と「クリニック」どちらがいい?

泌尿器科では真性包茎とカントン包茎の手術が行えます。真性包茎とカントン包茎は放置しておくと健康を損なう危険があるため、泌尿器科であれば医療保険が適用され、3万円程度の費用で手術できます。しかし、泌尿器科で行われる手術は「包茎の改善」のみを目的としているので、ペニスに縫合跡が目立つように残ったり、ツートンカラーになってしまいます。

一方包茎治療専門クリニックであれば、真性包茎とカントン包茎に加えて仮性包茎の手術も行えます。クリニックでは術後の仕上がりの見た目にも配慮された手術を受けられますが、その代わり医療保険は適用されないので15~20万円前後の費用が相場となります。

単純に費用の面だけみると泌尿器科で手術を受けたくなってしまいますが、ペニスにがっつりと縫合跡が残ったりツートンカラーになるのは、新しいコンプレックスを生み出すことにつながります。

もしあなたにすでにパートナーがいてペニスの見た目は気にしないというのであれば、泌尿器科での安い手術がベストともいえますが、これから彼女を探そう、たくさんの女性と遊びたいと考えている人にはおすすめできません。

もし費用さえ用意できるのであれば、クリニックでの手術がおすすめです。仮に一括では10万円を超える大金を払えないという場合でも分割払いも可能なので、クリニックでの手術の方を積極的に考えたほうが良いでしょう。

あわせて読みたい

失敗しない包茎クリニックの選び方の5つポイント

 

・クリニック選びに迷ったらおすすめしたい2大クリニック!

泌尿器科での手術は必要最低限でシンプルなものなので、正直選ぶ泌尿器科によって手術の成功度合いや仕上がりが変わることは少ないです。しかし、クリニックだと選ぶクリニックによって術後の仕上がりにも大きな差が出ることがあります。

クリニックで行える見た目にも配慮された手術は、ひとりひとりのペニスの状態をしっかりと見極めてその人にあったラインで包皮を切除しなければいけません。手術を成功させるためには、医師の確かな腕と多くの経験が必要となるのですね。

もし費用の安さだけにつられて技術が乏しく経験も少ないクリニックで手術を受けてしまうと、想像とは違った仕上がりになったり極端にペニスの感度が低下する危険もあります。また中には患者の包茎改善ではなくクリニックの利益を優先して、言葉巧みに余計な手術をすすめてくるような場所もあります。

これを避けるためにもクリニック選びは慎重に行われければいけません。とはいっても、日本全国には数多くのクリニックがあるので、クリニック選びには頭を悩ませてしまうものです。そこで、包茎治療を取り扱っているクリニックの中でも特に人気があり安心感の高い2つのクリニックを紹介しましょう。

 

上野クリニック

ひとつめが多くの広告を打ち出しており、知名度も高い「上野クリニック」です。

上野クリニックのキャプチャー

上野クリニックは業界最大手であり、年間来院者数は1万5000人を超えています。圧倒的な症例数を誇ることからも医師の技術と経験が豊富に蓄積されていることがわかりますし、単純に来院者数の多さが評判の良さの裏付けだといえますよね。上野クリニックで縫合跡がバレにくい手術を受ける場合には18万程度の費用が相場になります。

上野クリニック公式サイトへ


 

ABCクリニック

ふたつめが上野クリニックとは違い、広告を徹底的に削減している「ABCクリニック」です。

ABCクリニックのキャプチャー

広告を削減しているせいもあってか一般的な知名度は低いですが、業界では上野クリニックと肩を比べる大手のクリニックです。なによりも嬉しいのは広告費を削減している分、手術にかかる費用が上野クリニックよりも安くすむ点です。縫合跡がバレにくい手術だと14万円程度で行うことも可能なのです。

ABCクリニック公式サイトへ

ABCクリニックをもっと詳しく

ABCクリニックのネット上の評判は?口コミを徹底調査!


圧倒的な症例数で確かな技術を約束する上野クリニック、症例数の面では劣るものの一定の技術がありながら安さを追求するABCクリニック。どちらを選ぶかはアナタ次第ですがどちらも気になるなら両方のクリニックが行っている無料カウンセリングを受けてみて、自分の肌に合うほうを選んでもよいかもしれませんね。

あなたの包茎は指やキトー君を使ったトレーニングで改善できなかったとしても、上野クリニックとABCクリニックでの手術なら確実に治療できます。今まで「遺伝のせいで一生包茎なのかも…。」と悩んでいたなら、「手術なら確実に包茎を治療できる。」とわかっただけでもだいぶ悩みが軽くなりませんか?

上野クリニックの詳細はコチラ

ABCクリニックの詳細はコチラ

 

4.まとめ

自分の体のコンプレックスは何かと遺伝のせいにしたくなりますが、ここまで読んだあなたはしっかりと包茎が遺伝によるものではないという事実を理解できましたと思います。最後にもう一度、今回のお話をまとめておきましょう。

  • ペニスの大きさは遺伝する可能性があるが、包茎そのものが遺伝する可能性は低い
  • 思春期の頃のペニスをいじる頻度、生活習慣によってペニスの成長具合が変わり、包茎の原因になることもある
  • 包茎が遺伝によるものではない以上、トレーニング、包茎矯正グッズ、手術といった方法で改善できる可能性がある

 

思春期を過ぎたりすでに成人している段階で包茎であるのなら、そのままの状態を放置しておいてもペニスが大幅に成長することはないので、包茎が自然に改善される見込みは少ないです。しかし、あなたの体に「あなたはずっと包茎のままです。」という遺伝子情報が組み込まれていない以上、トレーニング、包茎矯正グッズ、手術といった方法で包茎を改善できます。だから「僕の包茎は遺伝のせいなんだ…。もう無理だ…。」と希望を捨てないでください。

最後までこの記事を読んだあなたが包茎改善に希望を持ち、実際に行動に移して理想のペニスを手に入れられることを願っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

包茎だと嫌われる?女性の本音と包茎対策!

女性は早漏とのセックスで満足している?仮性包茎の早漏の原因と対策