包茎を生活習慣の改善で治す5つの方法

包茎は、普段の生活習慣が少なからず影響を与えていることをあなたはご存じですか?

「生活習慣の乱れ」耳にたこができるほど聞き慣れてしまった言葉ではありますが、包茎と生活習慣の乱れの関係は少し想像しづらいかもしれませんね。しかし、ペニスだって体の一部ですから生活習慣の乱れで包茎が引き起こされる可能性もゼロではないのです。

先にいっておきますと、生活習慣の改善が効果を発揮するのは仮性包茎の人だけであり、「生活習慣の改善だけ」で仮性包茎を完璧に改善するというのは難しいです。もちろん、真性包茎やカントン包茎の人も生活習慣を改善するに越したことはありませんが、効果は実感しづらいです。

その理由もあわせて紹介していくので、あなたが仮性包茎ならもちろんですが、もし真性包茎やカントン包茎だったとしても一度目を通してみてくださいね。この記事があなたの包茎改善のお役に立てば幸いです。

 

1.生活習慣の改善は包茎改善のプラスα!

生活習慣の改善で仮性包茎を治せる可能性があるということは、生活習慣が包茎を引き起こす原因になるということでもありますよね。包茎と生活習慣には、一体どのような関係があるのでしょうか?

 

(1-1)生活習慣の乱れと包茎の関係は?

そもそも人はなぜ包茎になってしまうのか?という点から説明していきましょう。生まれたばかりの人のペニスは誰だって真性包茎で、亀頭と包皮は癒着しており、包皮輪は狭いままです。

ペニスの構造のイラスト

体が成長するのと同じように年齢を重ねるとペニスも次第に大きくなっていくと、少しずつ大きくなっていく亀頭に包皮が押し広げられていきますよね。こうなると、亀頭と包皮の癒着が少しずつはがれていき、包皮輪も広がっていくので真性包茎から仮性包茎、そして人によってはさらにズルムケへとステップアップできるのです。

もちろん、思春期になり自分自身でオナニーをして包皮をむくことも真性包茎からステップアップしていくためには欠かせないことですが、ペニスの成長も同じくらい大切なことなのです。

「包茎」と「生活習慣の乱れ」と書くと関連性が思い浮かべづらいかもしれませんが、「ペニスの増大」と「生活習慣の乱れ」と書けば、あなたも2つの関係が理解しやすいですよね。つまり、生活習慣が乱れるとペニスに必要な栄養や成長ホルモンが不足することでペニスが成長しにくくなり、その結果包茎になりやすくなってしまうということです。

 

(1-2)真性包茎、カントン包茎だと改善が難しい理由は?

最初の部分でも真性包茎、カントン包茎の人だと生活習慣の改善による効果を実感するのは難しいと言いましたよね。その理由も説明しておきますね。

まず、真性包茎は「亀頭と包皮の癒着」「包皮輪の狭さ」が原因となって包皮をむけないペニスの状態ですよね。つまり、真性包茎を改善するということは、これらの原因を取り除く必要があるわけです。

真性包茎のイラスト

確かに、幼い頃から思春期あたりまでペニスがぐんぐん成長することで、少しずつ包皮が押し広げられていけば、亀頭と包皮の癒着は少しずつはがれ、包皮輪の狭さも改善されていきます。ペニスの増大は真性包茎を改善するためのひとつの策なのです。

しかし、すでにある程度成長した人がどれくらいのペニス増大ができるでしょうか?1mm、5mm、1cm、人によって生活習慣の改善やトレーニング、サプリメントで増大できるサイズは異なりますが、良くても数cm単位の増大しか期待できません。大人になっても真性包茎のままのペニスは、幼いころと比べると癒着もより強固なものになり、包皮も固く広がりづらくなっているものです。

そのため、数cm程度のペニス増大ではこれらの原因を取り除くのは難しいですよね。もちろん、自分で毎日包皮をむいて少しずつ癒着をはがし、指や器具を使って包皮を広げる努力をした上で生活習慣の改善でペニス増大を狙えば効果は期待できますが、「生活習慣の改善のみ」で真性包茎を改善するのは難しいことなのです。

次にカントン包茎です。カントン包茎は包皮輪がせまく強いしめつけを感じてしまうペニス、もしくは狭い包皮によって亀頭の根本がしめつけられて亀頭がうっ血している状態のペニスのことです。

カントン包茎のイラスト

カントン包茎を改善するということは、包皮輪を広げたり手術でしめつけのきつい包皮を切除して、包皮のしめつけを解消するということです。

生活習慣の改善でペニスの増大に成功するとしましょう。ペニスが増大するのは男にとって嬉しいことですが、カントン包茎だとペニス、特に亀頭が増大するとさらに包皮によるしめつけはきつくなり、当然亀頭がうっ血する危険性も高くなりますよね。そのため、普段からしめつけ感を感じている場合には、生活習慣の改善でペニス増大をもくろむ前に、まずは手術や矯正グッズを使って包皮輪の狭さを一刻も早く改善する必要があるのです。

このように真性包茎、カントン包茎の場合には、生活習慣の改善の前に、トレーニング、矯正グッズ、手術といった方法でそれぞれの原因を取り除く必要があるのですね。

 

(1-3)仮性包茎には効果を発揮する理由は?

真性包茎、カントン包茎とは違い、仮性包茎であれば生活習慣の改善が効果を発揮する可能性があります。なぜなら、仮性包茎はすでにむける状態にあるからです。仮性包茎は普段は包皮が亀頭におおわれていますが、手を使えばすんなりと亀頭をすべて露出できますよね。つまり、亀頭と包皮は癒着しておらず、包皮もしっかりと広がっている状態だということです。

あなたが仮性包茎なら、勃起すると自然と包皮がむけて亀頭が露出できる面積が広がりますよね。もしかしたら、勃起するだけで自然と亀頭をすべて露出できることもあるかもしれませんね。勃起するということは、ペニスが通常よりも長く太くなった、つまりペニスが増大したということです。

真性包茎、カントン包茎の部分でも話したように生活習慣の改善だけでは極端なペニスの増大はなかなか期待できません。しかし、仮性包茎は真性包茎、カントン包茎と違い、癒着も包皮の狭さもないため、少しのペニス増大でも亀頭の露出面積が増えたり、仮性包茎を改善できる可能性があるのです。

現実的に言えば「生活習慣の改善だけ」で仮性包茎を改善するのは難しいかもしれませんが、包茎矯正グッズでむきぐせをつけたり、サプリメントでペニス増大に良い栄養を補給しつつ、一緒に生活習慣を改善することでより高い効果を期待できるでしょう。

 

2.包茎を生活習慣の改善で治す5つの方法

生活習慣の改善だけでペニスを増大させ、仮性包茎を改善するのは難しいですが、他の方法と組み合わせることで仮性包茎改善の可能性がアップすることがおわかりいただけたでしょう。それでは、実際にどのような点に気をつけて生活習慣の改善をすれば良いのか紹介していきますね。

 

(2-1)運動習慣で血流改善と成長ホルモンの増加!

運動で包茎を改善させる

生活習慣の改善と言われて真っ先に思い浮かぶのが、運動かもしれませんね。学生時代は授業や部活動で頻繁に体を動かしていたあなたも、大人になってからは毎日仕事に追われ運動不足になっていませんか?

体内の血液はさまざまな要素で流れやすさが変わってきますが、これには筋肉も関係しています。血流を作り出すメインはポンプの役割をしている心臓ですが、実は筋肉も収縮して血液を押し流しているのです。運動不足により筋力が低下すると、血流が悪化してしまうわけですね。

ペニスを増大させるためには、ペニスにしっかりと血液を流し込み増大に必要な栄養を送り届ける必要があります。だから、運動不足を解消して血流を良くすることが、ペニス増大につながるのですね。さらに負荷の高い筋トレを行うとペニス増大に役立つ成長ホルモンが多く分泌されます。成長ホルモンによってペニスの海綿体はより大きく膨らむようになり、ペニス増大につながるのです。

脂肪が体に多いと結果的に血流も悪化しやすいですから、肥満の防止・改善のための有酸素運動、そして成長ホルモンを増加させるための筋トレを合わせて生活の中に取り入れていきたいですね。特に筋トレなら、ペニスに血液を送るための骨盤底筋が鍛えられるスクワットを取り入れることをおすすめします。

 

(2-2)食生活の見直しで、ペニスに栄養を!

食生活の見直しで、ペニスに栄養を与える

どんなに運動をして血流が改善しペニスに血液が行き届くようになっても、肝心のペニス増大に効果のある栄養を摂取できていなければ意味がありませんよね。やはり生活習慣の改善といったら、食生活の見直しは欠かせません。実際にペニス増大に役立つ栄養と食材にはどのようなものがあるか紹介していきますね。

 

・シトルリン

シトルリンは体内でアルギニンという成分へと変化し、そこからさらにシトルリンに変化し、またアルギニンへ変化というサイクルを繰り返します。そして、アルギニンからシトルリンへと姿を変えると「一酸化窒素」が体内で放出されることで、血管の拡張が促されます。血管が拡張すればペニスへの血流も増加し、ペニス増大につながるということはすでにお話しましたね。また成長ホルモンの分泌を促進させる効果もあります。

シトルリンが多く含まれている食材としては、次のようなものがあげられます。

スイカ、メロン、冬瓜、きゅうり、にがうり、ヘチマ、にんにく

 

・アルギニン

シトルリンは体内でアルギニンに変化するといいましたが、食事からもアルギニンを摂取できます。また成長ホルモンと男性ホルモンの分泌を促進する効果もあります。男性ホルモンは海綿体に「成長しなさい!」と指令を出したり勃起力を向上させる働きがあります。

アルギニンとシトルリンは似たような働きをしていますが、実は同時に摂取することで体内での成分の吸収率が増加する面白い特徴を持っています。だから、ペニス増大サプリメントには高い確率でアルギニンとシトルリンがセットで配合されているのです。できれば食事のときもシトルリンが含まれている食品、アルギニンが含まれている食品をセットで食べたいですね。

アルギニンが多く含まれている食材としては、次のようなものがあげられます。

豚ゼラチン、豚ロース、鶏のもも肉、牛のひき肉、海老、かつお、マグロ、ゴマ、くるみ、アーモンド

 

・亜鉛

ペニス増大に役立つ成分のひとつとして、亜鉛は有名ですよね。亜鉛には男性ホルモンの分泌と精巣を活性化する効果があります。精巣が活性化するとその分精子が作られやすくなり、たまった精子を出すために勃起しやすくなります。ペニス増大だけでなく精力UPの意味でも役立つ栄養なのです。

亜鉛が多く含まれている食材としては、次のようなものがあげられます。

牡蠣、あさり、うなぎ、煮干し、豚レバー、豆腐、アーモンド

 

・トリプトファン

ペニスの増大に成長ホルモンが欠かせないことは繰り返し伝えてきましたよね。トリプトファンという必須アミノ酸は、直接的なペニス増大効果は期待できませんが、睡眠の質の向上に役立ちます。成長ホルモンの分泌量は1日の中でも睡眠時間に最も増加するといわれています。

つまり、睡眠の質が良くなればなるほど、成長ホルモンの分泌量が増加しペニス増大が促進されるのです。このようにトリプトファンは睡眠の質の向上という面から間接的にペニス増大をサポートしてくれる成分なのですね。

トリプトファンが多く含まれている食材としては、次のようなものが挙げられます。

豚レバー、牛レバー、鶏ひき肉、豚ロース、かつお、まぐろ赤身、あじ、牛乳、ヨーグルト、枝豆、カシューナッツ、スパゲッティ

 

ペニス増大に役立つ栄養や食材を紹介しましたが、大前提としてさまざまな栄養をバランス良く摂取する必要があります。なぜなら、栄養は単体で効果を発揮することは少なく、他の栄養と作用し合うことによって体に良い影響を与えるからです。

つまり、あなたが一人暮らしで普段からコンビニのお弁当やファーストフードに頼り切りになっている場合には、主食1品、主菜1品、副菜1~2品、汁物というシンプルで基本的な食事を実現する努力をする必要があるということですね。

そのうえで、ペニス増大に役立つ食材を取り入れるようにこころがけると良いでしょう。ただし、一人暮らしの男性で毎日仕事に追われているとなると、基本的な食事を実現しさらにペニス増大に役立つ食材を取り入れるのは至難の業です。

もし「忙しくてどうしても食事に気を配れないよ!」という場合には、上で紹介した栄養が含まれているゼファルリンなどのペニス増大サプリで不足しがちな栄養を補うのも一つの手ですね。

ゼファルリンの詳細はコチラ

あわせて読みたい

ペニス増大で仮性包茎改善!サプリメントの効果は本物?

 

(2-3)質の良い睡眠で成長ホルモンを増加!

良い睡眠のイラスト

睡眠時に成長ホルモンが分泌されることはすでにお話しましたよね。特に眠りに入ってから1~2時間の間に成長ホルモンは多く分泌されるため、いかに質の良い睡眠を得られるかが重要な鍵です。

「質の良い睡眠」というのは、簡単にいえばすぐに寝付ける、すぐに起きることができる、目覚めると体に疲れを感じないといった睡眠のことです。質の良い睡眠を得るために単純に睡眠時間を伸ばそうとする人がいますが、これは間違いです。

実際に9時間、10時間といったように長い時間寝てみると、体は重たく頭も痛いといったように最悪な目覚めになってしまいます。これは質の悪い睡眠をとった証拠です。質の良い睡眠に大切なのは、「長い睡眠時間」ではなく次のようなポイントです。

 

・ブルーライト対策は基本!

スマートフォン、パソコン、テレビといった液晶画面からは「ブルーライト」と呼ばれる光が出ており、これが睡眠の質の低下を引き起こす原因です。特にスマートフォンが普及してからは布団に入ってからもスマートフォンをいじり、眠りに入る直前までブルーライトを浴びて睡眠の質が低下する人が増えています。

理想は眠りに入る2~3時間前にはスマートフォン、パソコン、テレビといったもの見ないようにすることですが、実際にはこれってかなり難しいですよね。そのため、せめてブルーライトをカットするメガネを着用したり、シートを画面に貼り付けるといった対策をとるようにしましょう。

そして、布団に入ったらスマートフォンに手を伸ばす癖はやめましょう。寝付けないときに枕元にスマートフォンがあると、暇つぶしについつい手を伸ばしてしまいがちなので、いっそのことスマートフォンは机といった布団からでは手の届かないところに置くのが良いですね。

 

・就寝3時間前の食事、飲酒は避ける!

おなかいっぱい食べて眠気がやってきてそのまま眠りにつく、お酒を飲んで気持ちよく眠りにつくという人は多いかもしれませんね。あなたもこんな生活をしていませんか?しかし、こんな生活をしていてはいつまでたっても質の良い睡眠は得られません。

なぜなら、食事や飲酒後3時間程度は食べ物やアルコールを分解するために内蔵が働いているからです。内臓が頑張って働いている状態で眠りに入っても、表面的には体を休めているように思えますが、実際には内臓が働いているせいで質の良い睡眠を得られなくなってしまうのです。

 

・質の良い睡眠を得るなる禁煙は欠かせない!

あなたは眠る前にタバコを吸う習慣がありますか?喫煙者は眠る前に気分を落ち着かせるために一服をするというケースが多いですが、これはかえって質の良い睡眠を邪魔することになります。

確かに眠る前にいつもタバコを吸っている喫煙者がタバコを吸わずに布団に入ると、気分が落ち着かずになかなか寝付けないことがあります。しかし、これは一時的なものであり時間をかけて禁煙をすれば、そもそもイライラ感を感じることもなくなるのですんなりと眠りに入れます。

そして、喫煙者は非喫煙者に比べると深い睡眠を得られにくく浅い睡眠になりやすいことが分かっています。そう考えると、いっときの睡眠前のイライラ感や寝付きの悪さを我慢してでも禁煙をしたほうが良いのは明白ですよね。

質の良い睡眠を得るための方法として、今すぐにでも取り組めるものを紹介しました。他にもお金はかかってしまいますが、布団や枕といった寝具を見直すのも良いですね。質の良い睡眠ができるようになるとペニス増大だけでなく、前日の疲れを引きづらないようになるのでそういった意味でも睡眠習慣の改善はおすすめです。

 

(2-4)禁煙で血流も改善!

禁煙で血流を改善するイラスト

睡眠の質を良くするために禁煙が欠かせないと説明しましたが、禁煙することで血流も改善できます。タバコに含まれているさまざまな有害な成分には血管を収縮させる働きをもつものもあります。

あなたが喫煙者なら、初めてタバコを吸ったときに頭がクラクラする「ヤニクラ」を経験したことがありますよね。これはタバコによって血管が収縮することで頭に必要な量の血液が送られなくなり起こる現象です。

タバコを吸い続ければ頭周辺だけでなく股間周りの血流も悪化するようになり、そうなればペニスの成長に必要な栄養や勃起に必要な血液が行き渡らなくなり、成長が阻害されるのは目に見えていますよね。

ペニス増大を目指しているあなたは、きっと今よりも女性と深く関わりたいと考えていることでしょう。あなた自身も肌で感じているように、昔と比べてタバコに対する風当たりは強くなっていますし、喫煙者は女性に文字通り煙たがられてしまいます。そういった意味でも禁煙には積極的に取り組んだほうが良いでしょう。

 

(2-5)ストレス発散で成長ホルモンの分泌抑制をストップ!

ストレス発散するイラスト

現代はストレス社会だと言われており、実際にあなたも毎日さまざまなストレスを抱えながら生活しているのではないでしょうか?会社での人間関係、仕事量の多さ、連日続く残業、家庭環境など、いたるところにストレスが存在しています。

そして、こういった過剰なストレスは成長ホルモンの分泌を抑制したり、血流を悪化させる原因となります。ストレスも間接的にではありますが、ペニス増大を妨げる原因となってしまうのですね。

だからといってあなたに日常生活の中に潜んでいるストレスを事前に察知してい、ひらりひらりと交わす能力はありませんよね。となると大切になってくるのがストレスをいかに発散させるかです。

あなたはストレス発散方法というとどんなものを思い浮かべるでしょうか?カラオケで大声を出す、自分の趣味に没頭する、音楽を聞く、半身浴などさまざまありますが、特に手軽に取り入れられるのが運動です。

運動といってもなにもピシッとしたトレーニングウエアに着替えて行う必要はありません。ラフなジャージを着て、軽くジョギングをして体を動かすだけでも心にたまっていたイライラや不安感といったストレスが軽減されます。

運動不足になるとペニスが増大しにくいということも説明しましたよね。普段からストレスを感じているという人は、運動不足の解消という目的だけでなく、ストレス解消という目的でも運動を習慣づけると良いでしょう。

 

3.まとめ

ここまでの話で包茎と生活習慣の関係が理解できたのではないでしょうか?あなたが仮性包茎であれば、生活習慣の改善に取り組んでペニスを増大できれば、包茎を改善できる可能性もあるかもしれません。最後にもう一度、包茎改善のために意識したい生活習慣についてまとめておきましょう。

  • 定期的に運動すると血流改善と成長ホルモンの増加が期待できる
  • 食生活を見直して、ペニス増大に必要な栄養を積極的に摂取する
  • 質の良い睡眠で成長ホルモンの分泌をサポートする
  • 禁煙による血流改善でペニスに血液を行き渡らせる
  • 自分にあったストレス発散方法で、成長ホルモンの分泌抑制を食い止める

 

こういった生活習慣の改善は包茎改善だけでなく、あなた自身の健康を保つためにも役立つことです。そのため、仮性包茎ではなく真性包茎、カントン包茎の人でも将来のことを見越して、ぜひ取り組んだほうがよいでしょう。

ただし、生活習慣を改善しても極端にペニスが増大することは少ないため、包茎改善の効果も実感しづらいのが本音です。生活習慣の改善だけでなく、サプリメントや包茎矯正器具といった方法と併用することをおすすめします。この記事を読んだあなたが、包茎だけでなくあなた自身の体の健康のためにも生活習慣の改善に取り組んでくれることを願っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

失敗しない包茎クリニックの選び方の5つポイント

仮性包茎で女性を満足させることができるのか?包茎に対する女性の本音