サプリでペニス増大するとカントン包茎は改善できる?

あなたはサプリで、カントン包茎を改善できると思いますか?栄養が不足しがちな人にとって飲むだけで栄養を補えるサプリはありがたい存在ですよね。そんなサプリにも、中にはペニスの増大に役立つものもあるのです。

ペニス増大サプリがカントン包茎に効果があるという噂も流れていますが、実際はどうなのでしょうか?もしこの噂が本当なら、手間もかからずペニスにメスを入れる恐怖もないので、これほど良い改善方法もありませんよね。

ここではサプリの効果に疑問と期待を抱いているあなたのために、サプリでカントン包茎を改善できるのか説明していきます。この記事があなたのサプリとカントン包茎の疑問解決、そしてカントン包茎の改善方法選びの手助けになれば幸いです。

 

1.サプリで包茎が改善?噂の真意!

サプリでカントン包茎が治るのか?

なぜサプリで包茎が改善されるという噂が立っているのでしょうか?その疑問を解決するためには、サプリを飲むことでペニスにどのような効果があらわれるか知る必要がありますね。

 

(1-1)サプリにはペニス増大効果あり!

ペニスに影響を与えるサプリにも「ペニスそのものの成長」「勃起したときのサイズの増加」「勃起の持続時間の向上」など得られる効果はいくつかありますが、これらの効果を簡単にまとめると「ペニスの増大」ということですよね。ペニスを増大させるサプリに含まれている成分として有名なものを2つ紹介しましょう。

 

・L-シトルリン

L-シトルリンはペニスへの血流を増加させる効果がある成分で、有名なペニス増大サプリの成分表示を見ると高い確率でこの名前を目にします。あなたのペニスは当たり前のように興奮すると勃起しますが、なぜふにゃふにゃだったペニスがあんなに固く大きくなるか知っていますか?

それは、興奮することでペニスへの血流が増加して、ペニスがパンパンに膨れ上がるからです。また、勃起時だけでなく通常時のペニスの大きさにも血流は関係しています。体内の臓器や筋肉はあなたが毎日食事から摂取している栄養を利用して、正しく働いたり成長しているわけです。

この栄養を臓器や筋肉に送り届けているのは血液ですから、血流が増加すれば体の各部位に栄養が行き渡り、血流が減少すれば栄養が行き渡らなくなるということですよね。ペニスだって臓器や筋肉と同じように、正しく働き成長するためには栄養が必要です。だから、血流が増加することで勃起時だけでなく通常時のペニスも大きく成長するのです。

 

・L-アルギニン

L-シトルリンと肩を並べて、高確率でペニス増大サプリの成分表示に名前を連ねているのが、L-アルギニンです。L-アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

身長を大きくするために欠かせないものとしておなじみの成長ホルモンは、身長だけでなくペニスを大きくするためにも欠かせないものです。しかし、L-アルギニンは単体で摂取しても効果が薄く、L-アルギニンとセットで摂取することによって効果を最大限に発揮します。だから、2つの成分は一緒にサプリに含まれていることが多いのですね。

この他にもサプリによっては、亜鉛、マカ、ガラナ、ダミアナといった栄養や成分が含まれており、ペニス増大効果が期待できるのです。

 

(1-2)カントン包茎にとってペニス増大は危険!?

カントン包茎でサプリを飲むと危険

サプリでペニスを増大できるということは、「ペニスが増大すればカントン包茎が改善される」と考えられているということですよね。確かに仮性包茎であればペニスの増大による改善も期待できるのですが、残念ながらカントン包茎だと改善は期待できません。むしろ、ペニスの増大はカントン包茎を悪化させる危険もあるのです。

仮性包茎は亀頭が包皮でおおわれていますが、手を使えばスムーズに包皮をむいて亀頭をすべて露出できます。そのため特に亀頭が大きく成長するに従って包皮が少しずつ押し広げられ、通常時でも自然と包皮がすべてむけるようになるのです。またカリが高くなればなるほど戻ろうとする包皮がそこにひっかかりやすくなり、ずるむけの状態を維持しやすくなります。

カントン包茎は包皮輪によるしめつけがきつく、無理に亀頭をすべて露出すると狭い包皮輪によって亀頭の根本がしめつけられ、包皮を戻せなくなってしまうペニスのことです。この状態を放っておくと血流がとどこおることで亀頭と包皮が腫れて、最悪の場合亀頭が壊死してしまいます。

そんな包皮の狭さという問題を抱えているカントン包茎の人が、ペニスを増大させるとどうなるでしょうか?考えられるのは、次の2つのパターンです。

 

・亀頭が増大することで包皮のしめつけがさらにきつくなりむきづらくなる

包皮をむくと締め付け感があるイラスト

包皮の狭さは一切変わらなくても、亀頭が大きくなってしまうと包皮のしめつけはさらにきつく感じてしまいますよね。通常時であればあまり無理なく包皮をむけていたとしても、亀頭が大きくなると通常時でも包皮をむきづらくなってしまう可能性があるのです。これではカントン包茎を改善するどころか、悪化させていますよね。

 

・亀頭の壊死の危険が高くなる

カントン包茎で亀頭が壊死するイラスト

サプリを飲んで亀頭だけでなくペニスの竿の部分も太くなったらどうなるでしょうか?包皮の狭さは変わっておらずペニスの竿部分が太くなれば、包皮をすべてむいたときの竿部分のしめつけはよりきついものになってしまいますよね。

しめつけがきつければきついほど、竿部分から亀頭部分への血流はとどこおってしまい、亀頭と包皮はパンパンに腫れ上がりやすくなります。その結果、亀頭が壊死することもあるのです。これもカントン包茎が悪化してしまっているパターンですね。

このように、カントン包茎の人にとって安易なペニスの増大は余計に症状を悪化させる原因になりかねないのです。カントン包茎の人にはサプリを飲んでペニスを増大させるのは危険が伴うためおすすめできません。

 

2.カントン包茎の改善には、矯正器具や手術を選択するべし!

カントン包茎の改善に必要なのは、「ペニスの増大」ではなく「包皮の狭さの改善」です。サプリでは逆効果になってしまうのですね。せっかくなので、包皮の狭さを改善するためのとっておきの方法も紹介しましょう。

 

(2-1)包茎矯正グッズで包皮の狭さを改善!

包茎を改善する方法として一度は考えるのが、包茎矯正グッズの利用ですよね。雑誌の広告でもたまに目にしますが、使用するのを避けてしまっているのではないでしょうか?確かに包茎矯正グッズの中には効果が怪しいものもありますが、中には包皮の狭さを改善できるグッズも確かに存在しています。

 

それが「キトー君」という商品です。

キトー君のキャプチャー

 

キトー君の仕組みは非常にシンプルです。器具の先端を包皮の中に差し込んで柄の部分を握るだけです。柄の部分を握ることで先端が開くので、それに合わせて包皮も広がるのです。ある程度のところまで包皮を広げると痛みを感じますが、毎日痛みの一歩手前あたりまで広げた状態をキープしておくと、少しずつではありますが包皮が広がっていきます

キトー君の使い方

通常時でも包皮をむこうとすると亀頭に強いしめつけや痛みを伴う重度のカントン包茎だと厳しいかもしれませんが、通常時はスムーズに包皮をむけて勃起時にだけ痛みやしめつけを伴うような軽度のカントン包茎なら、キトー君で改善できる可能性が高くなります。

実際にカントン包茎を改善できるか、改善できるならどれくらいの期間が必要になるのかは、正直、あなたの包皮の伸びやすさや元々の包皮の狭さに強く影響されるので一概にはいえません。しかし、カントン包茎は比較的包皮のしめつけがきついので、数カ月単位での使用が必要になると覚悟したほうがよいでしょう。

キトー君の仕組みは「毎日包皮を伸ばして広げる」という非常にシンプルなものですが、この効果こそカントン包茎の改善には欠かせません。「キトー君を使えばカントン包茎を必ず改善できる」という保証はさすがにありませんが、軽度のカントン包茎なら積極的に使ってみる価値はあるでしょう。

キトー君の詳細はコチラ

キトー君をもっと詳しく

キトー君は本当に効果がある?キトー君で真性包茎が改善する仕組みを解説

 

(2-2)手術で包皮にメスを!

カントン包茎を手術で改善

最も確実にカントン包茎を改善できるのは、泌尿器科や包茎専門クリニックで行える手術です。包茎手術ではしめつけがきつい包皮にメスで切り込みを入れたり、亀頭や根本部分をしめつける包皮をきりとってしまうため、効果は確実です。

包茎手術自体は1時間程度で終わり、そこから手術の傷跡が良くなるまでに1カ月程度かかります。実際ペニスを普段通り使えるようになるまでには、手術後1カ月はかかってしまうことになりますが、それでもキトー君を使う場合よりも短い期間ですみますよね。

「確実に」「早く」カントン包茎を改善できるという大きなメリットを持っている手術ですが、ネックになるのが費用です。泌尿器科とクリニックでは医療保険の関係で手術にかかる費用にだいぶ差があります。

泌尿器科での手術は医療保険が適用になるため、たったの3万円程度の費用で手術を受けられます。しかし、医療保険が適用されるかわりに手術の仕上がりの見た目までは配慮してもらえません。カントン包茎自体は改善できるのですが、ペニスがツートンカラーになったり、手術跡が目立ってしまい、手術を受けたことが簡単にバレてしまうペニスになってしまうのです。せっかくカントン包茎を改善できても、新しいコンプレックスができるのはいただけないですよね。

クリニックでの手術は医療保険が適用されません。クリニックでの手術の選択肢は豊富で、泌尿器科のように手術の仕上がりの見た目には配慮せず、シンプルにカントン包茎を改善するためだけの手術であれば10万円以下で行えるケースが多いです。しかし、泌尿器科での手術と同じようにツートンカラーや手術跡が目立つといったデメリットが多いので、利用者は少ないです。

クリニックで最も多いのが、カントン包茎を改善しつつ、仕上げの見た目にも配慮してもらえる手術です。例えば仕上がりを配慮されない手術だと包皮の縫合跡がペニスの中央部分に来てしまいますが、この手術だと亀頭のカリの段差部分に縫合跡がくるように調整してもらえるため、傷跡がほとんど目立たずツートンカラーになる心配も少ないのです。

こういった手術の相場は20万円程度と高額ですが、男を象徴するペニスに傷跡やツートンカラーといったコンプレックスを作りたくないという人は多く、泌尿器科での安い手術よりもこちらを選ぶ人の方が多いのです。

カントン包茎は放ってくと、ふとしたときに亀頭がズルムケになり包皮を戻せなくなり、そこから亀頭の壊死に発展する危険があります。改善方法を選ぶのはあなたですが、キトー君を使っても改善できない場合には、泌尿器科、もしくはクリニックでの手術が必ず必要になることは頭に入れておいたてくださいね。

あわせて読みたい

失敗しない包茎クリニックの選び方の5つポイント

 

3.まとめ

物さえ購入してしまえば毎日飲むだけで手軽なサプリですが、カントン包茎には効果がないことがわかりましたね。最後にもう一度ペニス増大サプリと改善方法についてまとめておきましょう。

  • サプリでペニスを増大すると、カントン包茎を改善どころか悪化させる危険もある
  • カントン包茎を改善するなら、キトー君や手術が確実でおすすめ!

 

カントン包茎は改善するためには、しめつけの原因となっている包皮の狭さをどうにかする必要があるわけですが、サプリのペニス増大にはそんな効果は期待できません。むしろペニスが増大すると包皮の狭さが際立って、余計にカントン包茎が悪化する危険もあるので絶対に改善のためにサプリは使わないようにしましょう。

あなたがサプリでカントン包茎を改善することの危険性を理解した上で、包茎矯正グッズや手術といった適した方法でカントン包茎の改善に乗り出すことを願っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

包皮輪の締め付けが痛い!カントン包茎を改善する方法

カントン包茎を放置すると困る4つのこと|その対処法