包皮を接着剤でくっつけて仮性包茎を治す方法を紹介

接着剤タイプで仮性包茎を治す方法をお探しですか?仮性包茎を治療するための選択肢のひとつに手術がありますが、費用の面、包皮にメスを入れることを考えるとどうしても一歩引いてしまいますよね。

そんな時、簡単に仮性包茎の改善に取り組めるのが包茎矯正グッズです。ここでは、接着剤タイプの矯正グッズについて紹介していきますね。

 

1.接着剤タイプで包茎を治す方法

接着剤タイプで包茎を治す方法を提案する医師

ほとんどの包茎矯正グッズがむきぐせをつけることを目的としているわけですが、包茎矯正グッズというとリング型のグッズをイメージしますよね。これは、包皮をむいた状態でペニスにはめて、包皮の戻りを防止するように使ういますが、中には「接着剤タイプ」の矯正グッズもあります。今回は接着剤タイプで包茎を治す方法をご紹介します。

 

(1-1)接着剤タイプの仕組みは?

あなたはよく女性が行う「アイプチ」を知っていますか?最近では美容意識の高い男性もすることが多いようですが、これは一重や奥二重の人がまぶたに接着剤を塗って皮膚と皮膚をくっつけてしまうことで、強制的に二重を作り出すものです。

接着剤タイプの矯正グッズも仕組みはこれと変わりません。亀頭をおおっている包皮に接着剤を塗ってから包皮をむいて包皮同士を接着します。

アイプチでむき癖を付けて包茎を治すイラスト

戻ろうとする包皮を接着剤で固定して包皮がむけた状態を維持することで、包皮にむきぐせをつけようという仕組みなわけですね。

 

(1-2)接着剤タイプの相場は?

接着剤タイプの矯正グッズにもいくつか種類があり、値段もピンきりです。4000円程度で購入できもるものもあれば、1万円を超えるものもあります。矯正リングも同じように値段はピンきりなので、どちらの方が高いとも言えませんが接着剤タイプは消耗品です。

当然使い続ければその分費用もかさみますから、そういった意味では比較的長い間使い続けられる矯正リングのほうがお買い得と言えるかもしれませんね。

 

(1-3)公式サイトが見つけづらいというデメリットも

あなたは矯正グッズになんだか怪しいイメージを持っていませんか?「本当に効果があるの?」「お金だけ払って商品が届かなかったらどうしよう…。」その気持ちよくわかります。だからこそ矯正グッズは公式サイトを見てから購入したいと考えるものですが、接着剤タイプの公式サイトはなかなか見つけづらいのが現実です。

楽天市場で「包茎 接着剤」と検索すると「フィモスマジック」といった商品が出てきますが、やはり公式サイトは見当たりません。そう考えると、接着剤タイプは購入しづらいという考えに至ってしまうかもしれませんね。

 

(1-4)アイプチで代用する手も!

包茎矯正の接着剤タイプの代用にアイプチを使用するイラスト

あなたが「どうしても公式サイトを見ないと購入に踏み切れない。」というなら、アイプチで代用するのもひとつの手です。アイプチはまぶたを接着するものですが、まぶたも包皮もどちらも同じ皮膚には変わりありませんよね。そう考えると、アイプチで接着剤タイプの代用ができるという話も納得できます。

実はちょっとおもしろい話がありまして、さまざまな商品を取り扱っているAmazonで「包茎」と検索すると、関連する商品としてアイプチがヒットするのです。このことからも仮性包茎を改善するためにアイプチを利用している人が一定数いることが分かりますよね。

もちろん、接着剤タイプの中には接着力を強力にしたり、はずれにくくしている商品もありますから、アイプチで完全に代用できるとはいいません。しかし、アイプチなら500円程度の手頃な値段でどこでも購入できますから、手軽に使い始められますよね。一度アイプチで「包皮を接着してむきぐせをつける」体験をしてみて、「これならいける!」と感じたらアイプチを使い続たり、接着剤タイプの矯正グッズを購入してみるのも良いかもしれませんね。

 

(1-5)接着剤タイプの注意点

接着剤タイプの矯正グッズはアイプチで代用できるといいましたが、これを聞いて「それなら瞬間接着剤でも代用できるのは?」とあなたは考えるかもしれませんね。これだけは絶対にしないようにしてください。

確かに瞬間接着剤は皮膚と皮膚を強力に接着するため、矯正グッズやアイプチよりも皮膚にむきぐせをつけやすいといえるかもしれません。しかし、有害な物質が含まれている瞬間接着剤を肌に塗れば当然肌が荒れる可能性が高いですし、なにより皮膚と皮膚とがはがれるときにかなりの痛みを感じます。

むきぐせをつけるなら一生接着した部分がはがれなくても良いような気がしますが、これは間違いです。ペニスが通常の状態で包皮をむいて接着したとしましょう。接着の仕方によっては、ペニスが勃起したときに包皮がつっぱってしまうことがあるのです。

ほどほどの接着力である接着剤タイプの矯正グッズやアイプチであれば、包皮がつっぱるようになるとその力に負けて自然と接着がはがれていきますが、瞬間接着剤は接着力が強力すぎて痛みを感じることもあるのです。接着力を求めて、仮性包茎の改善のために瞬間接着剤を利用するのだけは絶対にやめましょう。

 

2.接着剤タイプと包茎リング、どちらを選ぶ!?

接着剤タイプと包茎リング、どちらを選ぶか悩む男性

今回は包茎矯正グッズの中でも接着剤タイプをメインに紹介してきましたが、どちらかといえば包茎リングのほうが有名ですよね。そうなると、接着剤タイプと包茎リング、どちらを選べばよいのか少し迷ってしまいますよね。あなたのために、接着タイプのメリットとデメリットを包茎リングと比べてみますね。

 

(2-1)接着剤タイプの最大のメリットは、バレにくさと装着感のなさ!

接着剤タイプの最大のメリットは、バレにくさと装着感の無さです。包茎リングはペニスにリングをはめる必要がありますが、ふとした拍子に外れてしまう可能性もゼロではありません。これが家にいるときならいいですが、仕事中や学校にいるときだとズボンの裾から包茎リングが転がり落ちて、他の人に使っていることがバレてしまう可能性もあります。

また、友達と温泉に行ったときうっかり外し忘れて全裸になってしまうこともありそうですよね。しかし、接着剤タイプであればペニスになにかをとりつけるわけでもないので、誰かに使っていることがバレることはまずありません。

接着剤タイプは水に弱く、入浴した後はとれてしまうことが多いため、友達や彼女と入浴した後に「あれ?風呂上がりと違くない?」と突っ込まれることもあるかもしれませんが、そのくらいなら「そういうときもあるよ。」でごまかせますしね。

装着感のなさも接着剤タイプの大きなメリットですね。包茎リングをペニスにはめてみると、やはりペニスに装着している感を常に感じてしまいます。人によってはちゃんと装着できているか、外れていないかが気になって仕方がないかもしれませんね。

しかし、接着剤タイプはなにかを装着する必要はないので、ペニスに違和感をやわずらわしさを覚えることなく生活できます

 

(2-2)接着剤がとれやすい、肌が荒れるというデメリットも…

接着剤タイプの大きなデメリットが、接着剤がとれやすい、肌が荒れるという2つの点です。接着剤タイプにもさまざまな接着力のものがありますが、どちらかというと包皮を接着してもとれやすいという印象が強いです。

むきぐせをつけるためにはなるべく長い時間むいた状態を維持する必要があり、接着がとれてしまうのは致命的なデメリットですよね。とれてしまうたびにトイレに行って接着剤を塗るのもなかなか面倒です。そういった点では、物理的に包皮の戻りを防いでしまう包茎リングのほうが優れていますよね。

また、接着剤を塗るので人によっては肌が荒れてしまう可能性もあります。こういった接着剤タイプは人体に無害な物質を使っていますが、それでも肌が荒れるリスクはゼロではありません。もちろん包茎リングも素材が肌に合わないということもありますが、やはり接着剤タイプのほうが肌が荒れるリスクは高いでしょう。

 

(2-3)バレにくさや装着感に気を使うなら接着剤がおすすめ!

接着剤タイプのメリット、デメリットを包茎リングと比べてみましたが、バレにくさや装着感を特に気にするという人なら、接着剤タイプを使用するほうが良いかもしれませんね。特にあなたが友達と温泉に入るのがコンプレックスだと感じている人にとっては、接着剤タイプはおすすめです。

包茎リングは使っていることがバレないように、裸になる前に外す必要があります。そうなれば、友だちの前では包皮が元に戻って仮性包茎になってしまうので恥ずかしいと感じてしまいますよね。

しかし、接着剤タイプであればズルムケを維持できますから、ペニスの皮被りを気にすることなく友だちの前で堂々と裸になれます。もちろん、接着剤タイプは水に弱いので入浴中に少しずつ包皮が戻ってきてしまう可能性もありますが、四六時中あなたのペニスを眺める友人もいないでしょう。

 

3.まとめ

包茎矯正グッズの中でも接着剤タイプに関する理解が深まったのではないでしょうか?最後にもう一度、今回の話をまとめておきましょう。

  • 接着剤タイプは、包皮にむきぐせをつけて仮性包茎を改善するグッズ
  • アイプチで代用することも可能
  • 包茎リングに比べて接着剤がとれて包皮が戻りやすい
  • 包茎リングに比べて使っていることがバレにくく、装着感を気にする必要がない

 

包茎リングとは違いバレにくいので、バレにくさにこだわるのであれば、接着剤タイプを購入するのもひとつの手ですね。

また「気になるけど購入するまでにはいたらない。」というなら、値段も手頃なアイプチで代用してみるのも良いでしょう。むきぐせをつけるのは簡単なことではありませんし、確実に仮性包茎を改善できるわけでもありません。しかし、手術とは違いペニスの感度低下や機能障害といったリスクを背負わずに、気軽に試せるのが大きなメリットですよね。

この記事を読んであなたが接着剤タイプの特徴を理解し、正しく仮性包茎の改善に活かしてくれることを願っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

包茎だと嫌われる?女性の本音と包茎対策!

ペニス増大で仮性包茎改善!サプリメントの効果は本物?