キトー君は本当に効果がある?キトー君で真性包茎が改善する仕組みを解説

あなたは真性包茎を改善する「キトー君」に、本当に効果があるか疑問に思っているのではないでしょうか?キトー君は「数少ない真性包茎の矯正グッズ」とうたっていますが、正直なところ名前や公式サイトのチープさから怪しい雰囲気を感じてしまいますよね。

 

手術に比べると費用は大幅に安いですが、本当に真性包茎を改善する効果があるのかわからないと使用にも踏み切れないと思います。ここでは、そんなあなたのためにキトー君が真性包茎を改善する仕組みや、具体的な使い方について紹介していきます。この記事が、キトー君の効果に疑問をいだき、使用をためらっているあなたの参考になれば幸いです。

 

1.包皮を広げる「キトー君」!

 

キトー君のキャプチャー

(1-1)キトー君で真性包茎が改善する仕組みは?

正直な話、包茎矯正グッズには少し怪しさを感じてしまいますよね。費用の面だけみれば圧倒的に手術を受けるよりもコスパは良いのですが、結局効果が本当にあらわれるかが分からずに使用をためらっているのではないでしょうか?

あなたが真性包茎になっている原因としては、「亀頭と包皮の癒着」と「包皮の狭さ」の2つが考えられますが、キトー君は包皮の狭さが原因となっている真性包茎に効果を発揮します。

亀頭部分は先端から根本に進むにつれて、大きくなっていますよね。包皮が狭いと指で包皮をむこうとしても根本に向かうにつれ大きくなる亀頭にひっかかってしまい、亀頭をすべて露出できないのです。ということは、単純に包皮の狭さを改善できれば、真性包茎を改善できる可能性があるということですよね。

包皮はゴムのように多少は伸び縮みするようになっており、普段から物理的に力を加えていればある程度は包皮も広がっていくのです。キトー君は、器具の先端部分を差し込んで開くことで、包皮を広げられる道具です。

仕組みがシンプルすぎて、使う側からすると少し不安も残るかもしれませんね。ですが、方法は違えど誰もが小さい頃から包皮をむいたり、オナニーをして少しずつ包皮を広げることで、生まれつきの真性包茎から仮性包茎やズルムケの状態へとステップアップしてきたのです。そう考えると、決して「キトー君で包皮を広げる」という改善策もバカにはできません。

 

(1-2)キトー君の使い方は?

キトー君の具体的な使い方をもう少し詳しく紹介していきましょう。キトー君は鋏のような形をしており、先端の棒が直角に曲がっています。まずは、この先端部分を包皮の中に入れます。

キトー君の使い方

この状態で、柄の部分を手で握ると先端部分が開くので、それに合わせて包皮が広がっていきます。いくら包皮が伸びるといってもその幅には限界があり、思いっきり柄の部分を握ってしまうと包皮が裂けてしまう危険もあります。しかし、だからといって包皮を広げる幅が狭すぎるといつまでたっても包皮は広がってくれません。

公式サイトでは、「我慢できる限界の8割程度を目安に広げます。」と説明があるので、力の加減としてはこれを参考にすると良いでしょう。さらに「毎日午前と午後の2回、30分間ずつ広げ続ける」ように指示もあるので、目安としては毎日これくらいのトレーニングが必要だと考えて良いでしょう。

もちろん、1日の中でトレーニングを行っている時間が長ければ長いほど包皮は伸びやすくなると容易に想像はつくので、可能であればもっと長い時間行っても問題はないと思いますが、現実問題午前と午後の30分ずつ、合計1日1時間トレーニングに費やすのが限界ではないでしょうか。

このようにキトー君の使い方はとても簡単で、キトー君の先端を差し込める程度の包皮の広がりさえ確保できていれば、誰でも使えるでしょう。

 

(1-3)キトー君STとキトー君DXの違いは?

キトー君には、「キトー君ST」と「キトー君DX」の2種類が存在しています。この2つの違いは、ストッパーがついているかどうかの一点だけです。

キトー君DXのストッパーの画像

キトー君STはストッパーが付いていない分値段が安く、キトー君DXはストッパーが付いている分値段が高いです。しかし、ストッパーがあるかないかだけで、包皮を広げるトレーニングの継続のしやすさが大きく違ってくるのです。

キトー君STを使って真性包茎を改善するとしましょう。この場合、包皮を広げるためにはキトー君の柄の部分を握り続ける必要があります。30分トレーニングをすると、あなたの片手は30分塞がった状態になってしまうのです。

柄を握るときに強い力は必要になりませんが、30分間「我慢できる限界の8割程度」の広げ具合を維持しておくためには、指の力加減に神経を使わなければいけません。さらに、片手が塞がった状態になってしまうと、その間にできることは限られてしまいますよね。

キトー君を使うのは大抵入浴時や自宅でリラックスしているときですが、片手が塞がっていてはテレビを見たり音楽を聞いたり、スマホをいじるくらいのことしかできませんよね。毎日1時間片手が塞がっている時間があるのを想像すると、その大変さが分かるでしょう。

一方キトー君DXだとどうでしょうか。こちらにはストッパーがついているので、一度柄の部分を握ってちょうどよい広げ具合になったら、ストッパーを使って簡単に「我慢できる限界の8割程度」の広げ具合を維持できてしまいます。しかも、ストッパーを使えば指を離しても、その状態を維持できるのです。

つまり、トレーニングをしている間も両手を使えるということですね。これなら、ちょっと滑稽な姿にはなってしまいますが、キトー君を使ってあぐらをかきながら、勉強をしたり漫画を読んだりもできます。

キトー君STを30分使うのも、キトー君DXを30分使うのもどちらも同じ「30分」という時間ですが、ひたすら包皮の広げ具合に神経を使う30分と勉強をしたり漫画を読んだりする30分では、トレーニングの継続のしやすさが全く異なりますよね。

実際にキトー君を購入している9割以上の人が、ストッパー付きのキトー君DXを購入しています。

 

(1-4)キトー君にかかる費用は?

キトー君にかかる費用は?

実際にどれくらいの費用がかかるかも気になる点ですよね。メーカー直販サイトによると、ストッパーが付いていない「キトー君ST」が9800円、ストッパー付きの「キトー君DX」が1万2800円となっています。キトー君DXのほうが3千円高いので、値段を重視する人はキトー君STのほうを購入してしまうかもしれませんが、少々値段が高くてもトレーニング中に両手が塞がらないキトー君DXをおすすめします。

「STとDXのセット」で1万6800円で販売されていますが、一人で使う分には確実に1本あれば事足りるので、いくらSTとDXを1本ずつ買うよりも安いからといって、意味もなく「DXとSTのセット」を買わないように気をつけてくださいね。

キトー君の詳細はコチラ

 

(1-5)キトー君で真性包茎を改善できるまでの期間は?

実際にキトー君を利用すると、どれくらいの期間で真性包茎を改善できるようになるか気になりますよね。

公式サイトでは、キトー君を2週間使い続けるだけで包皮をすべてむけるようになると感じさせるような表現がされています。確かに「あと一歩で包皮をすべてむけそう!」という人がキトー君を使えば2週間で改善できるかもしれませんが、包皮の狭さの具合によっては、効果が出るまでもっと長い期間が必要になるので、「必ず2週間で改善できる!」と期待はしないほうがよいでしょう。

yahoo知恵袋をのぞいてみると、キトー君の効果が出るまでに2カ月、さらには3カ月、4カ月とかかったという人もいるので、使う場合には根気が必要だということを覚悟したほうが良いですね。

 

(1-6)キトー君はどんな真性包茎に有効?

どんな包茎にもキトー君は有効なのか?

キトー君はどんな真性包茎にでも効果を発揮できるわけではありません。この点をしっかりと確認せずにキトー君を購入すると、無駄な出費になる可能性もあるので注意してくださいね。キトー君で効果を期待できる真性包茎の特徴を書いておくので、購入する前の参考にしてみてください。

 

・亀頭と包皮が癒着していない真性包茎

キトー君が改善できるのは亀頭と包皮の狭さだけであり、中には亀頭と包皮が癒着、つまりくっついてしまっていることで包皮がむけずに真性包茎になっている人もいます。

残念ながら、キトー君では亀頭と包皮の癒着はどうすることもできません。亀頭と包皮が癒着しているかどうかは、お風呂に入ったときに簡単に確認できます。まず包皮の入り口を少し広げて、その中にシャワーの水を入れます。水道の蛇口からでもかまいません。

そして、包皮の先端を指でつまんで包皮と亀頭の間に水を溜め込みます。このとき包皮が風船のようにふくらまないようであれば、亀頭と包皮が癒着している可能性が高いです。いくらキトー君で包皮を広げても、癒着が残っている限り真性包茎は改善できないので注意してくださいね。

 

・包皮が広ければ広いほど適している!

包皮が狭いせいで真性包茎になっている人の中でも、包皮の狭さは異なりますよね。かなり包皮が狭く、普段からまったく亀頭を露出できていない人もいれば、包皮が少し狭い程度で普段から亀頭の先端が露出している人もいます。

キトー君を使えば包皮を広げられるといってもさすがに限界はありますし、人によっては包皮が伸びづらい体質の人もいますから、包皮が極端に狭すぎるとどうしてもキトー君の力だけで真性包茎を改善するのは難しくなってしまいます。反対に真性包茎の中でも比較的包皮が広い軽度の真性包茎であれば、キトー君で改善できる可能性が残されています。

キトー君の詳細はコチラ

 

2.まとめ

最後にもう一度真性包茎の改善に役立つキトー君の特徴や使い方をまとめておきましょう。

  • キトー君なら包皮に差し込み柄を握るだけで、真性包茎の原因である「包皮の狭さ」を改善できる!
  • 「必ず」改善できる保証はないが、軽度の真性包茎なら改善の可能性は高い
  • ストッパー付きの「キトー君DX」のほうがおすすめ
  • 効果を実感するためには数カ月使い続ける「根気」が大切

 

残念ながらキトー君はどんな真性包茎をも改善できる万能なものではありませんが、亀頭と包皮の狭さが原因となっている軽度の真性包茎には高い効果を発揮します。なによりも、手術とは違いペニスに直接メスを入れる必要がなく、費用も傷跡が目立たない手術の10分の1以下に抑えられるというのは大きなメリットですよね。

あなたがこれを機にキトー君の利用を検討して、キトー君があなたの真性包茎改善の役に立つことを願っています。

キトー君の詳細はコチラ

この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

彼女がセックスを嫌がるのは真性包茎のあなたが原因かも!

女性は真性包茎をどう思っている?本音がわかる真性包茎のイメージ