東京ノーストクリニックの包茎手術のクオリティは?

あなたは東京ノーストクリニックが施す包茎手術のクオリティがどの程度のものなのか気になっていませんか?

包茎手術を行う上で最も重視したいのが、手術のクオリティですよね。どんなに治療費が安くても、どんなにクリニックの対応が良くても、手術のクオリティが低ければなんの意味もありません

第一に包茎手術の高いクオリティが保たれていること、この条件をクリアできて初めて「治療費はどうだろう?」「対応はどうだろう?」と他の要素を気にしていけるわけですね。今回は、包茎治療クリニックの老舗、東京ノーストクリニックの包茎手術のクオリティについて解説していきます。また、実際に包茎手術を行うことで、あなたにどのような変化があらわれるのかも合わせて紹介しましょう。

東京ノーストクリニックでの手術のクオリティが気になり、あと一歩包茎治療に踏み出せないあなたの参考になれば幸いです。

 

1.東京ノーストクリニックの包茎手術のクオリティは?

東京ノーストクリニックの包茎手術のクオリティ

治療費は他のクリニックと比べると、高すぎず安すぎずという印象のある東京ノーストクリニックですが、手術のクオリティはどの程度のものなのでしょうか?例え治療費が予算内に収まっても、手術のクオリティが低ければ、満足度は下がってしまいますから気になりますよね。

 

(1-1)手術跡が目立たない亀頭直下埋没法

包茎治療をするうえで手術の内容の部分で多くの人が気にするポイントは、2つあります。

  • 本当に手術で包茎を改善できるのか?
  • 手術をしたことがバレたりしないのか?

 

ひとつめのポイントについては、心配する必要はありません。包茎手術というのは、余分な包皮(亀頭をおおっている分の包皮)をメスで輪っか状に切除するのが基本です。物理的に根本から先端までの包皮が短くなるわけですから、確実に包茎は改善されます。

問題は、手術をしたことがバレないかどうかです。手術のクオリティの高さを判断する要素はいくつかありますが、特に重要なのは「どれだけ他人にバレにくく、自然な仕上がりか」という点です。

あなたも手術を受けてしっかりと包茎が改善され、その上で自然な仕上がりになっていればクオリティが高い手術だなと感じますよね。そんなクオリティの高い手術を実現するのが、すでに説明にも出てきた亀頭直下埋没法です。

東京ノーストクリニックでも亀頭直下埋没法にあたる手術を取り入れており、手術跡が亀頭の傘の部分に隠れるように調整してもらえるので、ペニスがツートンカラーにならず手術跡も目立ちません。美容整形手術に用いるテクニックを応用しマイクロスコープをはじめとする道具を使って、一歩先行く正確で繊細な手術も実現しています。

包茎治療クリニックの中で最も手術のクオリティが高い!とは言い切れませんが、十分満足できるクオリティの手術を行ってもらえるでしょう。

 

(1-2)裏スジを温存

東京ノーストクリニックは、亀頭直下埋没法で手術をし患者が満足できるクオリティに仕上げる腕は持っています。さらに言うと、そこからワンランク上の裏スジを温存する技術も持ち合わせています

環状切除術とは違いペニスがツートンカラーにならないという大きなメリットがある亀頭直下埋没法は、いくつかある手術法の中でも圧倒的な人気を誇ります。しかし、その半面ある点を気にする人もいます。それは、包皮小帯の切除です。

包皮小帯というのは、ペニスの「裏スジ」と呼ばれている亀頭と竿を結んでいる紐のような部分です。裏スジはペニスにいくつかある性感帯のひとつだと言われており、手術でここを切られるとセックスの感度が低下するという考え方があります。

実際に早漏に悩む人の場合は、あえて裏スジを切除して感度を低下させる手術をすることもあるのです。とはいっても、裏スジの感度は人それぞれなうえに、ペニスには他にも亀頭、鈴口(尿道口)、カリ、玉袋など多くの性感帯があります。裏スジが切除されてもセックスに影響を感じないという人もいます。またクリニックでも「早漏治療としての小帯切除は効果がない。」と判断し、小帯切除のメニューを取り下げているところもあります。

つまり、裏スジを切除されることは、感度的にはさほど大きな問題ではないのです。しかし、分かっていても亀頭直下埋没法で裏スジを切除されるのを恐れる人は多いです。

確かに「裏スジがなくなっても絶対に感度は低下しないから大丈夫!」とは言えません。それに、今までペニスにあった裏スジがなくなるのですから、亀頭の裏部分の見た目はそれまでとは違ったものになってしまいます。ツートンカラーに比べれば些細な見た目の変化ではありますが、やはり見る人が見れば「このペニス、なにかがおかしい。」と感づくかもしれません。

そこで東京ノーストクリニックでは、裏スジの切除に不安を抱く患者に向けて、裏スジを温存する手術も用意しています。「男のシンボルを手術するのだから、一抹の不安も残したくない!」という人にとっては、裏スジを温存できる手術があれば満足度はぐんと高くなるでしょう。

カウンセリング・診察時に「裏スジがなくなるのが怖いのですが…。」と相談すれば、ここでの説明以上に包皮小帯の必要性、そして手術内容について詳しく説明してもらえます。もしかしたら、先生の説明を聞けば「裏スジを残さなくてもいいかな?」と思うかもしれませんし、「やっぱり僕は残したい!」と思うかもしれません。

いずれにしろ、東京ノーストクリニックは裏スジ温存の技術は持ち合わせていますから、技術面での心配はないでしょう。

 

(1-3)2段階麻酔でほとんど痛みがない

手術のクオリティというと、どうしても仕上がりの部分だけを気にしてしまいがちです。しかし、いざ手術が迫ってくると仕上がりよりも、手術中の痛みが気になりだしてくるものです。仕上がりだけでなく患者の痛みへの不安に対してもケアしてくれる手術こそ、本当にクオリティが高い手術と言えるのかもしれませんね。

東京ノーストクリニックでは、2段階で麻酔を行うことで痛みがほぼない手術を実現しています。麻酔をすれば「手術中」の痛みを感じなくなるのは当たり前ですよね。問題は、「手術中の麻酔」を打つときに生じる痛みがあるかどうかです。

当然麻酔を打つときは注射をしますからここで痛みが生じるわけですが、東京ノーストクリニックではこの麻酔の前にテープ式麻酔、ジェル麻酔、スプレー麻酔といった皮膚に対する表面麻酔を行います。このように2段階の麻酔のおかげで包皮を切除しているときはもちろん、麻酔を打つときの痛みもほとんど感じないのです。

東京ノーストクリニックの詳細はコチラ

 

2.包茎手術後の4つの変化をイメージ!

あなたがいまだに東京ノーストクリニック、もしくは他のクリニックでの包茎治療に踏み出せないなら、一度包茎手術後に自分の周りに起こる4つの変化を具体的にイメージしてみましょう。包茎治療をして、あなたの皮をかぶったペニスがズルムケになるのは当然の変化です。想像するべきは、さらに一歩先の変化なのです。

 

(2-1)股間から漂う悪臭とおさらば!

包茎のあなたは、自分のペニスから漂う臭いのひどさに気づいているでしょうか?もしかしたら毎日恥垢が蒸れて漂う悪臭に、鼻が麻痺してしまってはいませんか?仮性包茎ならまだマシですが、真性包茎やカントン包茎だと臭いはかなりきつくなります。ひどい場合だとパンツやズボンから悪臭が漏れ出してしまうケースも…。

真性包茎だとお風呂場で包皮の中に水を入れて揉み洗いをすれば、亀頭と包皮の間に溜まった恥垢を多少は洗い流せませすが、それでも残ってしまいます。包茎である限り臭いの悩みとは付き合い続けなければいけないわけですね。

包茎手術をすれば、毎日時間をかけて亀頭と包皮の間の恥垢を洗い流す必要も、股間から漂う悪臭に悩まされることもなくなります

 

(2-2)男同士の裸の付き合いも安心!

男なら人生で一度は、男同士の裸の付き合いを経験する機会があったのではないでしょうか?会社の先輩・後輩、大学の友人同士で身にまとうものを全て脱ぎ捨ててお風呂へ…。

本来ならそこで今まで以上に男同士の信頼関係を築くはずですが、包茎だと信頼関係を築く以前に自分のペニスを見られないようにするので必死です。

せっかくみんなで同じ湯船に浸かっているのに、包茎を見られたくないがために他の湯船に浸かったり、わざわざ「後で入るわ!」と言ってみんなと湯船に入るタイミングをずらした経験はありませんか?

「包茎なんてなんてことないだろ!」と笑いあえるくらいの関係なら良いのですが、現実は包茎を笑いのネタにされてしまうことも…。包茎手術をしてズルムケのペニスが手に入れば、自分のペニスを誰かに見られることを気にする必要もなく、男同士の裸の付き合いができます

 

(2-3)ペニスの自信が、女性への自信につながる!

男のシンボルであるペニスが包茎だと、どうしても男としての自信も持ちにくくなってしまいますよね。例えば、包茎だと次のような悪夢を想像したことがあるかもしれません。

  • 意中の女性と夜を共にすることになり、包茎を見られたら笑われた
  • 包茎を理由に、挿入を断られてしまった
  • 前戯ではしっかり感じてくれたのに、挿入をしたら反応が薄くなった

 

もしかしたら、あなたはこういったことを実際に体験しているかもしれませんね。想像にしろ実体験にしろ、包茎だとこういったケースは珍しくないでしょう。すべての男性の女性に対する行動が「セックスをするため」のものではありませんが、やはり可愛い・キレイな・外見がどストライクな女性を目にしたら、最終的には「付き合ってセックス」もしくは「一夜限りの関係」という到着地点を目標にして優しくしたり、気を引いたり、さまざまな行動を起こすはずです。

しかし、包茎の場合はセックスというゴール地点で失敗するビジョンが頭にちらついてしまうため、女性相手に積極的に行動を移せなくなってしまいます。相手を落としたいと思えば思うほど、この傾向は顕著にあらわれるでしょう。

包茎手術をすれば自分のペニスに自信を持てますから、自然と女性にも自信を持って接せられるようになります。そして、自信のある男性のほうがモテますから、包茎手術をすることで女性関係が良い方向へ傾く可能性も高まります。

 

(2-4)彼女や奥さんと本当に満足しあえるセックスができる!

ペニスはおしっこを出すときにも使いますが、やはり男としてのペニスの使い所といえばセックスですよね。そして、人生の中であなたが一番セックスをする相手となるのが、彼女や奥さんのはずです。

あなたはこれからできる彼女や奥さん、もしくは今パートナーとなっている彼女や奥さんを包茎のペニスで満足させられると思いますか?すでにパートナーがいるなら、実際にセックスを重ねて彼女や奥さんが「気持ちよかった…。」と口にしてくれているかもしれません。しかし、その言葉は本物でしょうか?包茎のあなたを気遣って言ってくれているだけかもしれません。

上でも触れましたが、特に真性包茎やカントン包茎だとペニスから悪臭が漂いますし、不衛生なせいで性病の危険性も高まります。あなたが女性だとしたら、例え相手が大好きな人だとしても、そんなペニスを自分の中に挿れてほしいと心から思うでしょうか?内心は「今日も臭いがきついけど、我慢しよ…。」「性病が怖いけど、断ったら気まずいし、とりあえずゴムはつけてるからまぁいいかな…。」と思っているかもしれませんよね。

また真性包茎やカントン包茎は、セックス時も性感帯である亀頭が露出しにくいので遅漏の可能性があります。仮性包茎は普段は亀頭が露出しておらず、刺激に対して敏感な亀頭がセックスのときに露出することで早漏になったり、亀頭が敏感になりすぎて快感を通り越して痛みに感じてしまい遅漏になるケースもあります。

このように包茎だと、セックスにおいてなにかとデメリットを抱えやすいのです。そんなデメリットを抱えたペニスとセックスをしても、彼女や奥さんは満足できませんよね。しかし、包茎手術をすれば包茎のせいで発生していたさまざまなデメリットを解消でき、彼女や奥さんと本当に満足しあえるセックスができるようになるでしょう。

東京ノーストクリニックの詳細はコチラ

 

3、まとめ

包茎手術において、現代では傷跡が目立ちにくくツートンカラーにもならない亀頭直下埋没法がポピュラーな手法となっています。しかし、亀頭直下埋没法は安値の環状切開術とは異なり、医師の技術や経験によって手術のクオリティが左右されます。

腕のある医師が亀頭直下埋没法を行えば、天然のズルムケペニスと見分けがつかないクオリティのペニスに仕上げられるでしょう。しかし、腕のない医師が行えば、仮に包茎は改善できても、汚い縫合跡や包皮の痛みを伴うつっぱりといった不具合によって、満足とはほど遠いクオリティの手術になってしまいます。

東京ノーストクリニックは開院から30周年を超える老舗クリニックです。亀頭直下埋没法に関する知識・技術・経験がしっかり蓄積されているため、手術のクオリティに心配はないでしょう。技術力が高いクリニックとしては、上野クリニックの名前が挙げられることが多いですが、東京ノーストクリニックでも縫合跡が目立たずツートンカラーにならない手術をしてもらえますから、安心してくださいね。

あなたが東京ノーストクリニックで包茎手術を行い、今回紹介したような変化を実感して「包茎手術をしてよかった!」と思えることを願っています。

東京ノーストクリニックの詳細はコチラ