1日たった10分で真性包茎を自分で治す方法

皮をかぶったペニスに嫌気がさしているあなた。真性包茎を自分で治す方法を知りたくはありませんか?友達と一緒に温泉やプールに行ったときの脱衣所で他の人のペニスを見比べることってありますよね。その時、あなたは周りの男性と皮のかぶり方が違っていることが恥ずかしくてしょうがないと感じてはいませんか?

もしかしたら、自分のペニスがコンプレックスで温泉に入ったりするのがイヤになっているかもしれませんね。だからといって、「ペニスについての相談」は誰かに気軽にできるようなものでもありませんよね。そんなあなたのために、ここでは「そもそも真性包茎とはどんな状態で自分のペニスは真性包茎なのか?」「真性包茎であることでなにかデメリットがあるのか?」「真性包茎を自分で治す方法はないのか?」といったあなたの疑問に答えていきます。

きっとあなたは皮をかぶったペニスにこれまで嫌気がさしながらも、誰に相談できずにペニスの問題から目をそむけてきたことでしょう。この記事が自分のペニスとしっかり向き合い、真性包茎を治すきっけかになれば幸いです。

 

1、真性包茎とはどんな状態?

包茎で悩む男性

あなたは自分の皮をかぶったペニスの状態をみて、勝手に自分は「仮性包茎だ。」もしくは「真性包茎だ。」と決めつけていませか?確かにペニスが皮を被っているのは「包茎」で間違いはありませんが、仮性包茎と真性包茎では、ペニスの状態や包茎による弊害も異なってきます。そのため、まずは真性包茎と仮性包茎の違いや原因について説明していきましょう。ぜひ、あなた自身のペニスの状態と照らし合わせながら読み進めてみてくださいね。

 

(1-1)真性包茎と仮性包茎の違い

真性包茎と仮性包茎の違い

包茎の種類として有名なのが「真性包茎」と「仮性包茎」なわけですが、日本人の何人が包茎に当てはまるか知っていますか?実は、日本人の成人男性の約7割が仮性包茎、1~2%程度が真性包茎だといわれています。このようにかなり当てはまる人数に差がある真性包茎と仮性包茎ですが、2つの包茎は「手でむけるかむけないか」という違いがあります。

包茎といったらペニスの亀頭が皮をかぶっている状態を想像しますよね。確かに仮性包茎も真性包茎も亀頭が皮を被っています。しかし、仮性包茎の場合は通常時は亀頭が皮に覆われていても、勃起時には勝手に皮がむけていきますし、通常時でも自分の手で皮を動かせばしっかりとむけます。

そのため、通常時に亀頭が皮に完全に覆われていても、半分くらい覆われていても、自分の手でしっかりとむけさえすればどちらも「仮性包茎」なのです。

仮性包茎のイラスト

一方、真性包茎は仮性包茎と違い、自分の手で皮を動かそうとしても完全に亀頭を露出できない状態になっています。そのため、通常時は当然仮性包茎と同じように亀頭が皮を被っているのですが、勃起した状態でも亀頭がすべて露出せず皮が亀頭にひっかかってしまっているような状態になるのです。

真性包茎のイラスト

たまに「正常時でも亀頭が少し露出しているから、自分は仮性包茎だ。」と勘違いする人がいますが、仮に亀頭が少し露出していても自分の手で皮をむいて亀頭をすべて露出できないならば真性包茎なので注意してください。どうですか?あなたのペニスの亀頭は、しっかりと露出できますか?

 

(1-2)真性包茎の原因

仮性包茎と真性包茎の違いを理解できたら、次はなぜ真性包茎になってしまうのか、その原因を説明します。まず真性包茎になっているあなたのペニスでは、次の2つのことが起きている可能性があります。

 

《亀頭と包皮が癒着している》

皮と亀頭が癒着しているイラスト

男性のペニスの亀頭と包皮は、実は生まれた時点ではしっかりと癒着されており、皮をむけない状態となっています。しかし、年齢を重ねるにつれてペニスが大きくなったり、自分の手で皮をむいたりすることで、亀頭と包皮の癒着が少しずつなくなっていき、最終的には亀頭と包皮の癒着が取れて指で皮を自由に動かせるようになるのです。

しかし、ある程度年齢を重ねても癒着がとれていないと、当然亀頭と皮がくっついているので、皮をむけない真性包茎になってしまうのです。自分が癒着によって真性包茎になっているのか気になりますよね。あなたが真性包茎であり亀頭と包皮が癒着しているか確認したいのであれば、あまり綺麗な方法ではありませんが、おしっこをする時に包皮の先端をつまんでみてください。そうすると行き場を失ったおしっこが包皮の中にたまります。

このとき包皮が膨らむということは、亀頭と包皮の間に隙間ができているということなので癒着はしていないと考えられます。逆に包皮が少しも膨らまないのであれば、亀頭と包皮が癒着しているせいで真性包茎になっていると考えられます。

 

《包皮が伸びにくくなっている》

ペニスの包皮はある程度伸び縮みするようにできています。しかし、真性包茎の人は包皮が伸びづらくなっているため、指でむこうとしても亀頭の途中でひっかかってしまい、亀頭を完全に露出できなくなっているのです。もし、亀頭と包皮が癒着していないのであれば、包皮が伸びにくくなっていることによって真性包茎になっていると考えられます。

なぜこのような亀頭と包皮の癒着や包皮が伸びづらいといった現象が起きるのかというと、思春期の頃から皮をむく癖がついていなかったからです。思春期になり性的なことに目覚めると自然とオナニーを繰り返したり、自分のペニスを積極的にいじるようになります。

これを繰り返すことで亀頭と包皮の癒着は少しずつ剥がれていき、包皮も亀頭を露出できるまで伸びるようになるのです。しかし、あまり皮をむくことをしてこなかった人は、成人してからも亀頭と包皮が癒着してしまっていたり、皮がのびなくなってしまい真性包茎となってしまうのです。

昔を思い出してみてください。あなたは思春期の頃に男性どうしで「皮のむけ具合」についてよく話をしていましたか?そして、自分のペニスの皮がむけているか指で動かしてみたり、オナニーを積極的にしていましたか?

もちろん、体質によって真性包茎になりやすい人もいますが、もしかすると思春期の頃の過ごし方があなたの真性包茎の原因となっているのかもしれませんね。

 

2、真性包茎による弊害

真性包茎で悩む

「もうさすがにむけたでしょ?」あなたは思春期の頃にこんな言葉を聞いて、「むけていないのは恥ずかしいことなのか…。」とばかり思ってきたのではないでしょうか?

確かに真性包茎だと「恥ずかしい」という思いが何よりも先に来てしまいますよね。そして、なんとなく「真性包茎は治す必要があるのか…。」と漠然と考えてしまいますが、真性包茎は恥ずかしいから治す必要があるのではありません。

真性包茎は、放置しておくことで様々な弊害があるから治す必要があるのです。真性包茎による弊害をまとめて紹介してみましょう。

 

(2-1)強烈な臭い

包茎の悪臭を嫌がる女性のイラスト

股間あたりから漂う強烈な臭いに、あなたは毎日悩まされてはいませんか?あなたが真性包茎であれば、その強烈な臭いは確実に真性包茎によって発せられています。仮性包茎、もしくはズルむけの人であれば、シャワーを浴びるときなどに亀頭や包皮、カリ部分にたまった恥垢(尿や精子のカス)をしっかりと洗い流せます。

しかし、真性包茎だと完全に亀頭を露出できないため、皮で覆われている部分に恥垢が溜まりやすくなってしまい、強烈な臭いが発生してしまうのです。人によってはズボンを履いていても臭いがもれてしまう場合もありますし、女性とセックスをするとなればその臭いはセックスを中断する立派な理由になってしまいます。

あわせて読みたい

真性包茎は満足な性生活を送れない?セックスから遠のく可能性も

 

(2-2)亀頭が成長できず先細りになる

ペニスが先細りになるイラスト

真性包茎というのは、言い換えればずっとペニスが皮によって外側から内側に締め付けられているということですよね。ペニスも人間の体と同じようにある程度成長をするものですが、ずっと皮によって押さえつけられているとペニスがうまく成長できなくなり先細りになってしまう可能性があります。

正直、ペニスが先細りになっても健康に害はありません。しかし、先細りのペニスはセックスをした時に女性の膣と接触する面積が狭く、カリ高もないので女性を満足させづらいのです。いくら健康に害はなくても、自分の愛する彼女や妻を喜ばせられないのは悲しいですよね。

 

(2-3)包皮と亀頭の癒着

途中にも説明しましたが真性包茎の場合には、包皮と亀頭が癒着してしまっている可能性があります。癒着している状態が長引くほど包皮と亀頭の間には菌が繁殖しやすくなってしまうため、亀頭性包皮炎などの病気を発症しやすくなります。また、包皮と亀頭が癒着しているなら、指で皮を動かそうとすると痛みがありますよね。この皮を動かすという行為は、セックスのピストン運動と似ています。

そのため、セックスをするときに包皮と亀頭が癒着しているせいでペニスに痛みを感じてしまうこともあるのです。こういった包皮と亀頭の癒着は、年齢が高くなればなるほど強固なものになっていくので、なるべく早い段階で対処をする必要があります。

 

(2-4)コンドームを着けることができない

真性包茎はコンドームを上手く着けれないイラスト

真性包茎の人はコンドームを上手に着けられない場合が多いです。ズルむけの人や仮性包茎の人は、ペニスの先からゴムをかぶせていき、仮にゴムが皮に引っかかるような形になっても皮は根元の方にむかってある程度むけてくれるので、問題なく着けられます。しかし、真性包茎の人は皮にゴムが引っかかってしまうと、痛みを感じる可能性が高いですし、亀頭を露出できる部分まで皮をむけないのでうまくコンドームが着けられないことが多いのです。

さらに、真性包茎だと先細りのペニスになっていることが多いため、せっかくコンドームをつけても外れやすく、セックス中に何度も着け直さなければいけなくなってしまいます。どんなに気分を盛り上げていても、セックスの最中にコンドームが外れてしまったらそれだけで雰囲気は台無しですよね。

 

(2-5)パートナーが病気になるリスクも!

パートナーが病気になるリスクがあるイラスト

真性包茎だと亀頭と包皮の間に恥垢がたまり、この恥垢を餌に菌が大繁殖してしまいます。そのため、真性包茎の人はセックスをしたときにパートナーに性病を感染させてしまう危険性が高いのです。また亀頭は腕などの皮膚とは違い、薄い被膜で覆われているためウイルスや菌に侵されやすくなっています。

普段からむけている人は亀頭がさらされており、ある程度皮膜も強くなっているのですが、真性包茎の人は亀頭が常に皮におおわれて湿っている状態であるため、被膜が弱くなっています。そのため、パートナーはもちろんですが真性包茎である本人も性病を発症しやいのです。

愛する人が自分の真性包茎のせいで性病になる可能性があると考えると、なかなかセックスに積極的にはなれないですよね。

 

3、真性包茎の治療法

真性包茎の治療法を提案する医師

真性包茎の弊害を知ると、これまで抱いていた「真性包茎を治したい」という思いがさらに強いものになったのではないでしょうか。そんなあなたのために真性包茎を治療するための方法をいくつか紹介しましょう。

 

(3-1)トレーニングをして自力で治す

何を改善するにしても、できることならなるべく簡単でお金もかからない方法で対処したいですよね。まずはあなたのそんな希望を叶えたるために、特別な器具を使ったり手術をせずに、トレーニングをして自力で真性包茎を改善する方法を2つ紹介します。

ただし、この方法には真性包茎を仮性包茎にできる可能性はありますか、真性包茎をズルむけにする、つまり常にむけている状態にできる可能性はほぼゼロなので、その点は理解しておいでくださいね。

 

《亀頭の出口部分の包皮を指で伸ばす》

包皮を引っ張って伸ばすイラスト

一つ目の方法が亀頭の出口部分の包皮を指で伸ばすトレーニングです。最初にも説明したとおり、真性包茎の場合には亀頭が顔を出す部分の包皮の皮膚が硬くなってしまっている可能性があります。

本来包皮というのは伸び縮みするものであり、小さい頃や思春期の頃に自分で皮をむいたりすることで包皮は伸び、少しずつ亀頭が露出しやすくなるのです。大人になると包皮の皮は固くなってしまいますが、それでも指で引っ張れば多少は伸びますよね。

そのため、自分の指で狭くなっている亀頭の出口部分の皮を伸ばすトレーニングを繰り返すことで、少しずつではありますが包皮が伸びていき、最終的に亀頭を全て露出できるようになる可能性があります

具体的な方法を説明しましょう。まずこのトレーニングは可能であれば、なるべくペニスが勃起しており、皮がある程度伸びている状態で行ってください。通常時だとどうしても皮が余ってしまい、どのあたりの皮が亀頭の露出を邪魔しているか把握しづらいのです。

勃起した状態のペニスを見ると、亀頭と包皮の境界線がはっきりとわかりますよね。この部分の皮が伸び切っていないことが真性包茎の原因なので、右と左の包皮の端の部分を両手の指でつまみ、真横に引っ張りましょう。

痛みを感じない程度の部分までで良いので出来る限り引っ張ってください。左右だけでなく、包皮の上下の部分をつまんで上下に広げるように引っ張っても良いでしょう。これを1日に10分程度毎日行うと、少しずつではありますが固くなった皮が伸びてきて、露出できる亀頭の面積が増えてくる場合があります。

 

《実際にむいてみる》

包皮をむくイラスト

亀頭と包皮が癒着しているのも、真性包茎の原因です。いくら上のトレーニングで亀頭を露出できるくらい包皮が伸びたとしても、亀頭と包皮が癒着していては亀頭を全て露出できません。そのため、もし亀頭と包皮が癒着しているタイプの真性包茎であれば、まずはこの癒着をはがさなければいけないのです。

その方法はいたってシンプルで、包皮をペニスの根本にむけてゆっくりとむいていくだけです。この方法は亀頭と包皮に物理的に力を加えて無理やり癒着を剥がしていく方法です。通常は小さい頃や思春期の頃に、ペニスをいじったりオナニーをすることで亀頭と包皮の癒着は剥がれていきます。

このように若い頃に亀頭と包皮の癒着がはがれるのと、包皮をペニスの根元に向かってゆっくりと向いて亀頭と包皮の癒着をはがす方法は、原理としては全く同じものです。ただし、癒着は大人になればなるほどひどくなりやすいので、実際にこの方法を試すとかなり痛みを伴う場合があります。

そのため、1回のトレーニングは3分程度を目安にして行い、もし癒着がはがれて痛みを感じたら、痛みがなくなってからトレーニングを再開するようにしましょう。毎日トレーニングをしても1カ月で数ミリ程度しか皮はむけませんが、しっかりと続けると最終的には癒着がすべてはがれて、亀頭を全て露出できるようになる可能性があります

ただし、癒着しているタイプの真性包茎の人の包皮はもともと皮が伸びていないため、癒着をはがせても今度は皮が伸びていないせいで亀頭を露出できない可能性が高いです。そのため、特にこのタイプの真性包茎で自分で直したいなら、上で紹介した皮を伸ばすトレーニングも一緒に行うと良いでしょう。

 

(3-2)キトー君を使う

自分で真性包茎を改善するためには、包皮の皮を伸ばすことが重要だということがわかりましたね。上では自分の指で包皮の皮を伸ばす方法を紹介しましたが、「キトー君」という包茎矯正グッズを使って皮を伸ばす方法もあります。もし自分で包茎の皮を伸ばしたいと思っているのであれば、指よりもキトー君をおすすめします。

キトー君のキャプチャー

 

《本当に効果はあるのか?》

一番気になるのはキトー君を使って本当に真性包茎が治るかどうかですよね。ペニスの包皮はある程度伸び縮みしますし、キトー君は物理的な力をかけて皮を引き伸ばすため、確かに使い続ければ確実に皮が伸びて、亀頭が露出しやすくなります。しかし、だからといって必ず亀頭がすべて露出し真性包茎を治せるかというと、「絶対に治せる」と断言はできません。

やはり、体質によって皮が伸びにくい人や皮が伸びる長さがそこまで長くない人、亀頭が大きすぎる人などもいるため、実際に使ってみないとわからないというのが本音です。また、キトー君も上で紹介した2つのトレーニング方法も、どちらも「少しずつ」皮を伸ばして、癒着をはがして真性包茎を治す方法です。

そのため、真性包茎が治るまでにやはり2カ月、3カ月という長い期間が必要になる場合がほとんどであり、根気が必要になることは頭に入れておいてくださいね。自力で治す方法は、効果を得られるまでには長い時間がかかるというデメリットがあります。「時間がかかっても自力で治したい」と考えるならば、一度試してみる価値はあるでしょう。

キトー君をもっと詳しく

キトー君は本当に効果がある?キトー君で真性包茎が改善する仕組みを解説

 

(3-3)真性包茎手術

今回はあくまで真性包茎を「自分で治す」方法にスポットをあててお話をしてきました。しかし、上でも説明したように真性包茎を自分で治す方法は「確実性がない」「時間がかかる」というデメリットがあります。

例えば、あなたにすでに彼女がいる場合、できればアタックしたいと思っている女性がいる場合などは、確実性がない方法に2カ月も3カ月も時間をかけてはいられないですよね。そのため、最後に自分で治すという趣旨からは外れてしまいますが、真性包茎を「確実に」「短期間で」治せる包茎手術についても簡単に紹介しておきましょう。

 

《包茎手術の仕組みと効果》

真性包茎の手術の仕組みは伸びなくなって亀頭の露出を邪魔している皮を切り取り、亀頭を全て露出した状態で皮を縫合するというものです。今回紹介してきた自分で治す方法では、皮を伸ばすことにって亀頭を露出できるようにしていましたよね。そのため、亀頭が露出できても皮の量は亀頭を露出する前と変わらないため、ズルむけの状態にはできず仮性包茎にすることしかできませんでした。

しかし包茎手術の場合には、本人のペニスの状態に合わせて余分な皮も切り取るため、仮性包茎ではなくズルむけの状態に治療できるのです。また手術自体にかかる時間は40分~1時間程度と短いです。手術をしてから実際にオナニーやセックスをできるようになるまでは、1カ月程度かかると思っておいたほうが良いでしょう。

このように自分で治す方法と比べると、包茎手術は効果の確実性と治療にかかる期間の面で勝っているといえますよね。

 

《費用》

泌尿器科で手術を受ける場合には健康保険が適用されるため、費用は5万円程度ですみます。一方クリニックの場合には健康保険が適用されないため、おおよそ10~30万円程度の費用がかかると考えてください。このように「安さ」だけに注目すれば、泌尿器科での手術ですよね。しかし、泌尿器科で行う手術は、あくまで「感染症などの危険をあげてしまう真性包茎を改善する」ことだけに目的がおかれているので、術後の見た目は正直良いものではありません。

普段ペニスを見慣れている男性はもちろんですが、場合によっては女性にもひと目で手術をしたことがバレてしまう場合もあります。一方クリニックでは泌尿器科での手術と同じように「真性包茎を改善する」ことだけに目的をおいた手術も行っていますが、高い費用を払うことで「真性包茎を改善し、仕上がりの見た目も自然にする」ことに目的をおいた手術を受けられます。

そのため、真性包茎の手術を受けるのであれば泌尿器科よりもクリニックでの手術をおすすめします。

 

《包茎手術を受けるならどのクリニックがおすすめ?》

包茎手術は医師によって行われるものなので、やはりクリニックごとに仕上がりの良さにも違いでてきます。手術で真性包茎を治すのか、どのクリニックを選ぶのか、すべてあなた自身が決めることですが、もしクリニックでの手術を受けるなら「上野クリニック」か「ABCクリニック」をおすすめします。

 

上野クリニック

上野クリニックのキャプチャー

上野クリニックは包茎手術の業界の中でも最大手であり、症例数が多いことからも技術の高さが伺えます。また複合曲線作図法という方法を用いることで、非常にバレにくい仕上がりにできるのが大きなウリです。バレにくい仕上がりを目指すのであれば、費用は最低でも約18万2千円ほど必要ですが、「確実さ」「バレにくい術後のクオリティ」を得るためには、決して高すぎない費用でしょう。

上野クリニック公式サイトへ

 


 

ABCクリニック

ABCクリニックのキャプチャー

ABCクリニックは上野クリニックとは違い、広告をあまり出していないため知名度は低いですが、しっかりとした技術を持ち合わせています。そして、大幅に広告費を削減している分、料金も他のクリニックと比べると安く設定されています

上野クリニックではバレにくい仕上がりを目指す場合には約18万2千円かかるといいましたが、ABCクリニックは約14万円(料金設定は20万円ですが、キャンペーンを利用すると3割引きになります)ほどの費用でバレにくい仕上がりの手術を受けられます。

クオリティの面では上野クリニックに劣るかもしれませんが、「確実さ」「安さ」を重視したいのであればABCクリニックがおすすめかもしれません。

ABCクリニックをもっと詳しく

ABCクリニックのネット上の評判は?口コミを徹底調査!

 


 

上野クリニックとABCクリニックはどちらも業界では有名なので、「あんなクリニック選ぶんじゃなかった!!」という最悪の結果にはまずならないでしょう。ただし、人によって手術に対する細かい要望も異なるでしょうから、時間に余裕があれば上野クリニックとABCクリニックの両方で無料カウンセリングを受けてから、どちらのクリニックを選ぶか決めたほうが良いかもしれませんね。

上野クリニックの詳細はコチラ

ABCクリニックの詳細はコチラ

 

4、まとめ

デリケートで人に相談しづらい悩みである真性包茎について説明してきましたが、真性包茎は自分だけでなく場合によってはあなたのパートナーの問題にもなってしまうのですね。もう一度真性包茎の原因や弊害についてまとめておきましょう。

  • 真性包茎は亀頭と包皮の癒着や包皮の「伸び」に問題がある
  • 思春期の頃にペニスをあまりいじらないと真性包茎になる可能性が高くなる
  • 強烈な臭い、ペニスの先細り、恥垢による性病、パートナーへの感染、コンドームがつけづらいといった弊害が多くある

 

真性包茎によってあらわれる弊害を考えると、遅かれ早かれ真性包茎は改善するべきものだとうことがわかりますよね。実際にあなたも記事を読んでいく中で「どうにかしないと…。」と感じたことでしょう。そんなあなたのために、もう一度最後に真性包茎を自分で治すための方法をまとめておきましょう。

  • 1日10分程度、指で包皮の先端を引っ張る
  • 1回3分程度包皮を根本に向かってむき、少しずつ癒着をはがす
  • キトー君で皮を伸ばす

 

これらの方法は仕組みとしては「伸ばす」「むく」といったシンプルな方法ですが、多くの男性が小さい頃や思春期の頃に無意識のうちに行ってきたことなので、一定の効果は期待できます。しかし、大人になると皮は固くなり、癒着もひどくなるので、今回の方法で絶対に真性包茎が治るわけではありませんし、治るとしても2カ月、3カ月といった長い期間がかかるので、根気が必要になることは忘れないで下さいね。

真性包茎を治す最後の手段としてはクリニックでの包茎手術も残っているので、時間がある人はぜひ今回紹介したトレーニングを実践してみてください。今回紹介した情報で、今まで人に言えなかった真性包茎という悩みを、あなた自身の力で治せることを祈っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

女性は真性包茎をどう思っている?本音がわかる真性包茎のイメージ

彼女がセックスを嫌がるのは真性包茎のあなたが原因かも!