新宿形成外科の包茎手術で失敗しないための口コミまとめ

実績が長すぎると、包茎手術の治療が古すぎるのではないか?と感じたことはないでしょうか。安心して手術ができるクリニックを探す際、確かに実績は重要ですが、新宿形成外科のように50年以上となると、術式は古くないのか、仕上がりは綺麗なのか心配になりますよね。

一説によると、日本で包茎手術が騒がれ始めたのは1970年代後半とのことですが、当時の技術は現在のように優れておらず、傷跡が目立ったりツートンカラーになるなど問題点がありました。

実績の年月があまりにも長い伝統あるクリニックだと、昔ながらの術式のまま手術を行っていることがあります。その点、新宿形成外科の場合はどうなのでしょうか。

もし、ひと昔前の技術のまま治療を行っているのであれば、望む仕上がりとはならない可能性があります。包茎手術で失敗して後悔しないためにも、事前に新宿形成外科について把握しておきましょう。

そこで本記事では、新宿形成外科の口コミ・評判をはじめ、手術の費用、クリニックの特徴、他のクリニックとの比較について取り上げました。

本記事を参考にすることで、新宿形成外科がどのようなクリニックなのか、すぐに分かるようになっています。

手術を受けるクリニックを誤ると、一生後悔することになりかねないため、クリニック選びで慎重になるのは当然のことです。ぜひ、本記事をあなたのクリニック選びに役立ててください。

 

1、新宿形成外科の評判・口コミをまとめてみた

新宿形成外科は、包茎治療を行うクリニックの中で断トツの実績を誇ります。56年以上に亘って約22万件の包茎手術を実施しており、執刀は院長が必ず行うという徹底ぶりです。

新宿形成外科のように、古くから包茎治療を行っているなら安心して利用できそうですが、治療法は古くないのか、綺麗な仕上がりとなるのか、気になる点がいくつかあります。

歴史あるクリニックですので、口コミや評判の件数はかなりの数に上ると予想されますが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこでこの項では、「中立的な口コミ」「悪い口コミ」「良い口コミ」に分けながら、新宿形成外科に寄せられている口コミの実態をご紹介していきます。

 

(1-1)中立的な口コミ

中立的な口コミをまとめてみた

たまたまなのか私が行った時は院長しかいませんでした。かなり不安な気持ちになりましたが、手術はしっかり行ってくれました。傷跡は目立たないですし、じっくり近くで見ると、こだわって小帯を残すカットをしてくれたのが分かります。新宿ならもっと安いところもありますが、値段に見合う価値はあったと思います。

引用元:https://www.forestfilmfestival.org/tokyo/shinjuku_keisei.php

 

頑張ってお金を貯めて包茎手術を受けました。見た目が悪くならないことと感度が落ちないことが最優先で、そうした手法しか使っていないので新宿形成外科を利用しました。術後の症例写真も他の所より傷跡が綺麗に見えました。家に帰って麻酔が切れてからは相応に痛くて、テープを巻いたままお風呂に入ったら、若干傷口が膿んで痛かったです。アフターケアはすぐに対応してくれました。イメージとしてはいつでも予約取れる感じで、あまり人気が高い所ではなさそうです。

引用元:https://www.forestfilmfestival.org/tokyo/shinjuku_keisei.php

技術的な面は問題なさそうです。仕上がりが綺麗だったり、ペニスの感度が落ちないように、配慮しながら手術をしてもらえることが分かります。しかし、気になるのは痛みについてです。

そもそも新宿形成外科は、公式サイト内で「無痛治療を心掛けている」ことを謳っています。手術前や手術中だけに限らず術後の痛みにも配慮し、手術が終わるタイミングで術後麻酔打つことを徹底しているそうです。

また、金属製のハンドメスで包皮を切除しているため、皮膚への負担を最小限に抑えています。つまり、新宿形成外科なりに痛みを緩和させる処置は実施しているのです。

上記の無痛治療の具体的な内容を見る限り、多少の痛みは感じたとしてもアフターケアが必要となるほど深刻な事態に陥るとは思えません。しかし、口コミの内容を見ると分かるとおり「相当に痛い」とあります。

他のクリニックの口コミでも「痛みが強かった」という声は見かけますが、実績のあるクリニックで、このような口コミを見かけることはそれほど多くはないものです。

なぜ、ここまで痛みを感じてしまうのか、原因は特定できませんでした。痛みに耐える自信がない男性は、手術前のカウンセリング時に対応策について、しっかりと相談する必要がありそうです。

 

(1-2)悪い口コミ

悪い口コミのまとめ

帰宅するまでドアTOドアで2時間弱かかるので、手術が終わった後にもう一回麻酔を打ってくれるサービスで選びました。無事に家まで帰ることができましたが、麻酔が切れてからはそれなりに痛みも出て、怖くて2日ほどシャワーに入れませんでした。最初の麻酔も針を奥までさすので、それなりに痛みます。無痛をアピールしていますがそれなりに痛みを伴う覚悟が必要です。

引用元:https://www.forestfilmfestival.org/tokyo/shinjuku_keisei.php

 

包茎手術ですが、当日はすんなり終わったものの、なかなか血が止まらずはれちゃいました 泣 数週間経って血は止まったものの傷跡は治りません。もうちょっと様子を見たほうがいいのか。。。

引用元:https://www.google.com/maps/

 

20数万円で包茎治療しました。治ったのは治ったけど、感度がかなり低下しました。最悪です。

引用元:https://www.google.com/maps/

中立的な口コミ同様、痛みに関する口コミ評判が多く寄せられていました。やはり、ある程度の痛みを伴うことは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

また、麻酔を打つ際も、それなりに痛みが強いようです。「ペニスの奥まで刺す」とありましたので、そのことが痛みの原因だといえますが、太めの針を使用している、または一気に麻酔を打っている可能性があります。

というのも、クリニックによっては、ほとんど痛みを感じることなく麻酔を打ってもらえることがあるからです。たとえば、以下の方法で麻酔を打つと、それほど痛みを感じることはありません。

  1. ペニスの皮膚を麻酔薬で麻痺させてから麻酔を打つ
  2. 細い針で麻酔を打ち、薬が効いてきてから太い針でペニスの奥まで麻酔を打つ
  3. ペニスの部位によって使用する針の太さを変えながら麻酔を打つ

 

上記はあくまでも一例ですが、このような方法で麻酔を打つと強い痛みを感じることはないものです。しかし、新宿形成外科の場合、ここまで痛みに配慮していない可能性があります。

また、傷の治りが遅かったり、出血が止まらなかったり、感度が下がるといった声も上がっていたため、新宿形成外科の利用は慎重になった方が良いといえそうです。

 

(1-3)良い口コミ

良い口コミのまとめ

手術後1ヶ月がたちますが、まだ傷が完全に治っていないので少し目立ちますが、結果にはとても満足しています。

引用元:https://caloo.jp/hospitals/detail/2131030240/reviews

 

電話の対応と先生のお話しを聞いて、良心的で信頼できそうな印象を受けたのでこの病院で手術を受けました。他のクリニックよりも費用が高い印象を受けたが、手術後に調べてみると良心的な費用だったことが分かり、自分の判断が正しかったと安心しました。

引用元:https://caloo.jp/hospitals/detail/2131030240/reviews

 

この地域で一番優れた男性クリニックだと思っています。カウンセリングも丁寧ですし、手術も見た目がきれいに仕上がります。自分のように年齢がいっていても、包茎手術でコンプレックスが消えるのはやはり嬉しいものですね。

引用元:https://houkei-navi.com/ranking/s-keisei.html

 

包茎手術について調べていて、数多くのクリニックがありましたが、料金がわかりやすかったので新宿形成外科に行ってみました。内容は、ホームページに掲載されている通りで、金額も、手術方法等も解りやすかったです。 傷跡についても症例写真で見たとおり綺麗で、仕上がりに満足できました。

引用元:http://xn—-fbu5bz22t1io972a0iu.com/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%BD%A2%E6%88%90%E5%A4%96%E7%A7%91/

良い口コミとして目立ったのは、医師のカウンセリングが丁寧であったことや、良心的な治療を行っているという声でした。費用が高いという声もありますが、仕上りが良好だったことから相応と感じる男性は少なくないようです。

また、新宿形成外科の近隣には、いくつかの包茎専門クリニックがありますが、新宿界隈のクリニックの中では優れているという評価も寄せられています。以上のことから、良い口コミを見ている限りでは、いい加減な包茎手術を実施するクリニックではないといえそうです。

 

(1-4)口コミや評判のまとめ

これまで取り上げた口コミ、評判をまとめると以下のとおりです。

  • 技術力があり信頼できる
  • 無痛を謳っているがそれなりに痛むことがある
  • 術後に傷跡が目立ったり感度が低下することがある
  • アフターフォローのときの対応が早い
  • 費用は高めだが結果に満足しているケースが目立つ

 

長年に亘って包茎手術を行っているだけあり、おおよその男性が仕上がりに満足しています。事前に見せてもらえる症例写真と、術後のペニスの傷の状態はほぼ相違がないという口コミからも、確かな技術力を有しているといえそうです。

その他、医師のカウンセリングが丁寧である様子も伺えました。しかし、無痛治療を期待して手術を受けてしまうと、あとから大変な思いをすることになりそうです。

 

(1-5)口コミ・評判を見て感じたこと

今回、口コミ、評判を調べて感じたのは、実績、技術力は間違いなさそうなものの、手術の方法が若干古いのではないかということです。たとえば、以下のような口コミや評判は、実績ある他のクリニックの口コミであまり見かけません。

  • 術後1カ月するがまだ傷跡が治らない
  • 術後に強い痛みを感じた
  • 麻酔の際に強い痛みを感じた

 

まず傷跡についてですが、早い人で3週間もすれば傷口は綺麗になりますし、遅くとも1カ月を過ぎれば手術跡は目立たなくなるものです。しかし、新宿形成外科の場合、傷の治りが遅い男性がやや目立ちました。

なぜ傷の治りが遅いのかは不明ですが、社会人で仕事が忙しい男性は仕事に支障をきたす可能性があります。もしも新宿形成外科で手術を受ける場合は、万が一に備えてスケジュールに余裕を持っておきましょう。

それから、もう一つ注目したいのは痛みについてです。新宿形成外科の口コミや評判から、痛み対策は万全とはいえないことが分かります。無痛を謳っているものの、それほど配慮されているわけではなさそうです。アフターケアがあるとはいえ、医師に相談して痛み止めを処方してもらうなど、自ら対策を講じる必要があります。

なお、全体を通して、新宿形成外科の口コミ数は多くありませんでした。「比較的いつでも予約できるため、人気が高いところではないのかもしれない」という声が上がっていたため、患者数は減少傾向にあるのかもしれません。

 

2、新宿形成外科の費用は?

新宿形成外科の公式サイトによると、費用は「安心」「明朗会計」とのことですが、実際のところどのくらい掛かるのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

 

(2-1)新宿形成外科の基本的な治療費

新宿形成外科の公式サイトで案内されていた治療費は、以下の表のとおりです。

《新宿形成外科の費用一覧表》

手術法 費用
仮性包茎 15万円
かんとん包茎 16~18万円
真性包茎 19万円

新宿形成外科は、包茎の種類によって費用が異なります。一般的に、仮性包茎の手術を受ける男性が大半ですが、費用は15万円です。他のクリニックの場合、10万円以下で手術できることがあるため相場より高い設定だといえます。

また、かんとん型包茎は16~18万円。真性包茎は19万円です。仮性包茎の手術よりも真性包茎の手術の方が難易度は高めですが、費用は4万円しか変わりません。つまり、新宿形成外科の場合、難しい手術ほどお得になるといえそうです。

なお、上記の表内の術式は、すべて亀頭下性感帯温存法となります。ペニスの感度が落ちないように配慮されているものの、術後に感度が落ちたという口コミが寄せられていました。どのくらい性感帯を残してもらえるのか、カウンセリング時に確認した方が良さそうです。

 

(2-2)新宿形成外科と他院の費用と比較

この項では、新宿形成外科と他のクリニック5院を比較しながら、費用の違いについて詳しく見ていくことにしましょう。まずは、以下の表をご覧ください。

《他のクリニックと費用比較》

クリニック名 環状切開術 亀頭直下埋没法
ナイロン糸 吸収糸
新宿形成外科 15万円
上野クリニック 7万2000円 10万円 18万2000円
ABCクリニック 3万円 3万円 14万円
東京ノーストクリニック 7万円 22万円
皐月クリニック 4万9000円 4万9000円 25万円
本田ヒルズタワークリニック 10万円~ 10万円~ 30万円~

上記の表は、すべて基本価格です。ペニスの包皮の状態によって、費用はやや変動することがあります。また、本田ヒルズタワークリニックは、診察時にペニスを確認して手術方針を決めているため、公式サイトで費用を案内していません。表内の金額は、あくまでも目安としてください。

新宿形成外科では、亀頭直下法と性感帯温存法を組み合わせた「亀頭下性感帯温存法」という独自技術を用いて包茎手術を行っています。先に触れたとおり、包茎手術の場合は15万円です。

一方、他の5院で新宿形成外科と類似した手術を受けた場合、14~30万円とバラつきがあります。そういった意味では、新宿形成外科は良心的な価格だといえそうです。

ただし、亀頭直下埋没法ではなく、環状切開術でも吸収糸で縫合すれば仕上がりを綺麗にすることはできます。仕上がりにこだわらない限り、わざわざ高額な費用を支払って亀頭直下埋没法で手術をする必要はありません。

新宿形成外科では、包皮がそれほど余っていない包茎手術であっても15万円掛かることから、軽度の包茎で手術をする男性は損をする結果となりそうです。

 

(2-3)法外な費用をあとから請求されることはない?

新宿形成外科が公式サイトによると、強引にオプションの治療を勧めたり、診察後に治療費が上がるようなことはしていないといいます。つまり、基本的にはサイト上で案内している料金通りの請求となりそうです。なお、公式サイトで案内されている治療費は、麻酔代、術後に渡される薬代も含まれています。

 

3、新宿形成外科の特徴

この項では、新宿形成外科の特徴を4つ取り上げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

 

(3-1)院長自ら執刀

新宿形成外科の場合、診察、手術、アフターフォローはすべて院長が行っています。ただし、公式サイトでは「ほぼすべて」と案内されていることから、状況によって他の医師が一部担当する可能性はありそうです。

他のクリニックでは、カウンセリングやアフターフォローは別の医師、またはスタッフが担当することがあるため、その点、新宿形成外科は安心できるといえます。

 

(3-2)22万例の実績

20万件を超える症例実績を持つクリニックは、新宿形成外科以外に多くありません。開院から56年以上経過していることからも、症例実績は業界トップクラスです。過去の豊富な症例を参考に、ペニスの状態にあった治療が受けられるという意味では、信頼できるクリニックといえます。

 

(3-3)自然できれいな仕上がり

新宿形成外科は、仕上がりにこだわり傷跡が目立たないよう配慮しています。具体的には以下の治療を行うことで、綺麗な仕上がりを実現しているようです。

  • 傷の縫合を細かくしている
  • 美容治療で使う高級針、糸を使用している
  • 縫合する際は最新の技術を用いている
  • 金属製のハンドメスで切開し、傷跡ができるだけ残らないようにしている
  • 1,500種類以上のフォーマットから患者に適したカットラインを選択している

 

上記の内容を見る限りでは、仕上がりにかなりこだわっていることが分かります。ただし、口コミにもあったように、傷の治りが遅いケースが目立つため、治る過程で傷跡が盛り上がるなど、希望する仕上がりとならない可能性がありそうです。

 

(3-4)手術日から1年間アフターケアが無料

無料でアフターケアを実施しているクリニックは多数ありますが、新宿形成外科のように1年間に亘って無料でケアを行っているところは珍しいといえます。

ただし注意したいのは、「手術日より1年以内の診察は何度でも無料」になっている点です。仕上がりに不満があったり、ペニスの形状に疑問を抱いた場合の再手術は、別途費用が掛かります。

 

4、まとめ

これまでお伝えした通り、新宿形成外科は実績・技術力ともに確かなことが分かりました。しかし、強い痛みを訴える男性患者が目立つことが気になります。数日経過しても痛みを感じたり、傷口が膿んでしまった場合、日常生活に支障をきたすことはいうまでもありません。

「50年以上の実績があって、22万件も手術しているなら大丈夫」と安易に考えてしまいがちですが、公式サイトや口コミ、評判のみで判断せず、複数のクリニックにカウンセリングを受けてベストなクリニックを見極めるようにしてください。

中でもお勧めなのは、ABCクリニックと上野クリニックです。ABCクリニックをお勧めする理由は、新宿形成外科と同等の手術を受けても、費用を大幅に抑えることができるからです。

ABC式Sカットと呼ばれる仕上がりにこだわった術式は、20万円となっています。また、予約時に「『3,30,3』プロジェクトを使いたい」と伝えると、30%OFFの14万円で治療を受けることも可能です。

一方、上野クリニックをお勧めする理由は、仕上がりに絶対の自信を持っており、費用も11万円~と新宿形成外科より安価だからです。また、皮膚の感覚を鈍らせてから麻酔を打つため、新宿形成外科のように強い痛みを感じることはありません。

以上のことから、まずはABCクリニックと上野クリニックの無料カウンセリングを受け、どのような治療法が自分に合っているのか確認しましょう。その上で、さらに他のクリニックのカウンセリングも利用し、治療費だけに限らずベストな治療が受けられるクリニックを見極めてください。

ABCクリニックの詳細はコチラ

上野クリニックの詳細はコチラ