東京新宿メイルクリニックの費用はいくら?他のクリニックと比較して安い?

東京新宿メイルクリニックの包茎治療の費用が気になっていませんか?

東京新宿メイルクリニックで「包茎治療を受けたいかも…。」と考えたとき、一番のネックになるのが高額な費用ですよね。包茎治療では費用に関するトラブルも非常に多いですから、今回はあなたのために東京新宿メイルクリニックの治療費用を紹介していきます。

また、他のクリニックと費用についても比較していきます。この記事が、東京新宿メイルクリニックに惹かれはじめているあなたのクリニック選びの参考になれば幸いです。

1.東京新宿メイルクリニックの費用は?

東京新宿メイルクリニックではホームページに治療費を掲載していますが、疑問点もあったので電話で問い合わせてみました。ホームページのみからでは分からない情報もあったので、参考にしてみてくださいね。

 

(1-1)東京新宿メイルクリニックの治療費~真性、カントンは注意!~

それでは、東京新宿メイルクリニックで包茎治療をした場合にかかる治療費を紹介していきましょう。

《東京新宿メイルクリニックの費用一覧表》

手術法 費用
仮性包茎手術 12万9600円
カントン包茎手術 16万2000円
真性包茎手術 18万3600円

包茎は大きくわけて「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3種類あり、包茎のタイプによって治療費が変わります。上の表を踏まえて、東京新宿メイルクリニックの費用の特徴や注意したい点を説明しますね。

 

(1-1-1)基本が亀頭直下埋没法

東京新宿メイルクリニックの費用は、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎をそれぞれ「亀頭直下埋没法」で治療した場合の費用です。

亀頭直下埋没法だと本人のペニスの状態をしっかりと観察して、包皮を切除した跡にできる縫合跡が、ちょうど亀頭の傘の下にくるように調整してもらえます。これによって、手術後も縫合跡がほとんど目立たず、ツートンカラーになる心配もありません。

環状切開術では、亀頭直下埋没法のように縫合跡の位置には配慮されないため、竿の目立つ部分にぐるっと縫合跡ができて、そこを境目にツートンカラーになってしまうのです。

亀頭直下埋没法と環状切開術では、亀頭直下埋没法のほうが高い技術力と経験を必要とするため、費用も高くなります。他のクリニックだと環状切開術よりも3~5倍ほど高くなるケースが多いです。

 

(1-1-2)環状切開術で客集めをしない姿勢は高評価!

誰だってツートンカラーになる手術とならない手術があるなら、ならない手術を希望しますよね。もちろん、環状切開術よりも亀頭直下埋没法のほうが費用が高いですが、それでもほとんどの人は亀頭直下埋没法を選択するのが現実です。

それに、真性包茎とカントン包茎なら、クリニックではなく泌尿器科で手術が可能です。選択肢としては環状切開術しかありませんが、保険適用で3万円ほどの費用で済んでしまうのです。

要するに、わざわざクリニックで環状切開術を行うメリットがほとんどないわけです。しかし、クリニックの中にはあえて環状切開術の格安の費用をホームページに掲載し、患者を集めているところもあります。

今でこそあなたは包茎治療についてのある程度の知識があると思うので、クリニックのホームページに「環状切開術で5万円で包茎治療が可能!」と書かれていても、特に魅力を感じないでしょう。一方、包茎治療について知識がない人は、「たったの5万円で包茎を治療できるのか!」と考えるわけです。そうして期待してクリニックに足を運ぶと、「5万円の環状切開術では、縫合跡が目立ちやすくツートンカラーになりますよ。みなさん費用は高くなりますが20万円の亀頭直下埋没法をお選びになっています。〇〇さんもそちらにしませんか?」と言われて、予算以上の治療費を提示されて驚くわけです。

もちろん環状切開術にもメリットはあり、ひとつの選択肢として治療費を掲載しているクリニックもありますが、こうして環状切開術の治療費を客寄せのためのエサとして扱っているクリニックがあるのも事実です。

そんな中、東京新宿メイルクリニックは、「わざわざクリニックで、泌尿器科でも安く受けられる環状切開術を希望する人は少ないないだろう。患者に誤解を与えないようにホームページには、亀頭直下埋没法の治療費を初めから掲載しておこう。」と考えて、表のような治療費の掲載の仕方をしているのです。その点は、高く評価できますね。

 

(1-1-3)真性包茎、カントン包茎の人が気をつけたいこと!

東京新宿メイルクリニックの治療費の中でも、真性包茎とカントン包茎の治療費については気になるポイントがありました。

結論から言えば、真性包茎、カントン包茎の場合はうえで紹介した治療費よりも高くなる可能性があるので、その点には注意してほしいですね。真性包茎とカントン包茎だけ治療費が高くなる仕組みを説明しましょう。

仮性包茎は、自分の手を使えば問題なく亀頭をすべて露出できます。手術をする場合の作業としては、余分な包皮を切除して縫合するだけで良いわけです。

しかし、真性包茎とカントン包茎は違います。カントン包茎だと、狭い包皮によって亀頭が締め付けられるので、手術をする場合は余分な包皮の切除の前に、包皮の締め付けを改善する作業が必要となるケースもあります。

真性包茎だと、亀頭と包皮が癒着している可能性が高いです。もし、あなたが真性包茎で包皮をむこうとしたとき、なにかが剥がれるような痛みを感じるなら癒着している可能性が高いです。そして、人生で一度も亀頭を露出できていないわけですから、包皮の先端、亀頭が顔をあらわず部分も狭くなっている可能性が高いです。真性包茎だと余分な包皮を切除する前に、癒着剥離(亀頭と包皮の癒着を剥がすこと)と、包皮の狭さを改善する作業を行う必要があるケースも少なくありません。

気になったのはこういった癒着剥離といった作業が手術に追加される場合、治療費も追加されるのかという点です。多くのクリニックでは、癒着剥離を行うときは追加費用がかかりますからね。そこで東京新宿メイルクリニックに電話で問い合わせをしたところ、次のような回答があったので紹介します。

東京新宿メイルクリニックさんのホームページには「料金表に記載の費用は治療代・薬代・アフターケア等全てを含んだ料金です。何かしらの理由をつけて費用を高くすることは一切いたしません。」と書かれていました。

この言葉を信じるなら、真性包茎は18万3600円で治療が可能だと思います。しかし、私なりに包茎治療について調べてみると、真性包茎の手術をするなら亀頭と包皮の癒着をはがす必要もあると思います。この場合でも18万3600円で治療が可能なのでしょうか?

 

東京メイルクリニック
おっしゃるとおりです。真性包茎の場合は、亀頭と包皮が癒着しており、包皮の切除の前に癒着剥離が必要となるケースもあります。この場合は、真性包茎の手術治療費18万3600円と癒着剥離の治療費5万4000円~10万8000円の費用が追加されます。癒着剥離の治療費はホームページに記載されています。

真性包茎手術というのは、あくまで「余分な包皮を切除して、縫合を行う」という内容の手術のことです。ご指摘のとおり、癒着剥離は「余分な包皮を切除して、縫合を行う」という内容には含まれていない作業なので、別で費用が発生します。お客様に勘違いをさせてしまっていたかもしれません。申し訳ありません。

しかし、仮性包茎の場合は癒着剥離を行わず「余分な包皮を切除して、縫合を行う」だけで包茎を改善できるので、掲載している治療費の12万9600円だけで手術が可能となります。

真性包茎だと多くの場合、亀頭と包皮が癒着していると思います。今まで東京新宿メイルクリニックで手術をされた真性包茎の方の中で、真性包茎手術「18万3600円」のみの費用で手術を受けられた人はいらっしゃいますか?
東京メイルクリニック
真性包茎といっても癒着の程度は人それぞれであり、ほぼ癒着が起こっていなかったり、軽度の場合もあります。こういった場合は「癒着剥離」の費用は必要とならず、18万3600円のみで治療を受けられます。これまでも、18万6300円のみの治療費で済んだ方は少なくありません。

ただし、どのくらいの癒着が軽度なのか、どのくらいの癒着だと費用が必要になるのか、いくらかかるのか、という点はあくまで当院で手術を担当する伊藤の判断です。電話でのご相談では具体的に癒着剥離に関する治療費をお教えすることは難しいです。申し訳ありません。

この点は、実際にクリニックに足を運んでいただき、カウンセリング・診察を受けていただき、詳しくご説明する形となります。実際にカウンセリング・診察を受けていただき、納得いただければそのまま手術を行うことも可能です。ご検討されたいということであれば一度ご帰宅いただき、手術をご希望する場合には再度ご予約を入れていただければ結構ですので、ご安心ください。

やはり、真性包茎で癒着剥離が必要な場合は、18万6300円に費用がさらに追加されるようですね。仮性包茎であれば表の金額のみでも治療が可能なようですが、真性包茎やカントン包茎ならさらに費用が高くなる可能性もあるので、この点は注意したいですね。

 

(1-2)東京新宿メイルクリニックと他院の費用を比較なら安め!~

東京新宿メイルクリニックで包茎治療をする場合の基本的な治療費がわかりましたね。基本的な治療費を見ただけでも、あなたの中で「結構高いな。」「思ったより安いかも!」とっいた感想が出てきたと思います。次は、他のクリニックで包茎治療をした場合にかかる費用と比べて、東京新宿メイルクリニックの費用が安いかどうかを検証してみましょう。

《他のクリニックと費用比較》

クリニック名 環状切開術 亀頭直下埋没法
ナイロン糸 吸収糸
東京新宿メイルクリニック 12万9600円
上野クリニック 7万2000円 10万円 18万2000円
ABCクリニック 3万円 3万円 14万円
東京ノーストクリニック 7万円 30万円~40万円
皐月クリニック 4万9000円 4万9000円 25万円
本田ヒルズタワークリニック 10万円~ 10万円~ 30万円~

包茎クリニックの中でも特に大手の「上野クリニック」は技術力に定評があり、「ABCクリニック」は技術力では上野クリニックに少し劣るものの満足できる仕上がりで、なおかつ治療費が安いと評判です。

しかし、安さを特徴とするABCクリニックでも14万円かかりますから、東京新宿メイルクリニックの治療費は安い部類に入りますね。

 

2、まとめ

東京新宿メイルクリニックの費用や他のクリニックと比較した情報を紹介してきましたが、いかがでしたか?東京新宿メイルクリニックは伊藤先生が長い間一人で包茎手術を担当してきているため、技術力には問題はなさそうです。また、治療費も特別高いわけではありませんから、選択肢として考えるのは悪くありません。

ただし、東京新宿メイルクリニックで即決するのはおすすめしません。可能であれば、東京新宿メイルクリニックを含めた他の数クリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。その理由は、次の3つです。

  • 1店舗しかなく、大手クリニックと比べると口コミの数が少ないから
  • 症例写真を他のクリニックと比較してほしいから
  • クリニックの対応が肌に合うかわからないから

 

大手のクリニックは全国に支店が存在しているため、患者数も非常に多いです。そのため、ネット上に多くの参考になる口コミが存在します。しかし、東京新宿メイルクリニックは1店舗しか存在しないため、大手クリニックと比べれば患者数も口コミの数も少ないのが現実です。

また、東京新宿メイルクリニックはホームページで多くの症例写真を掲載しています。東京新宿メイルクリニックだけの症例写真を見ても良いのですが、比較対象があるとより仕上がりが優れているのか分かりやすいですよね。他のクリニックでもカウセリング時にお願いすれば症例写真を見せてくれることがほとんどです。

人の感じ方はそれぞれであり、同じ対応をされても良いと感じる人と、悪いと感じる人がいます。東京新宿メイルクリニックの伊藤先生の対応は、少し特徴があります。例えば、手術中に患者さんと話が盛り上がり笑いが起こったり、話が下ネタに走る傾向にあったり…。

「フランクな対応のおかげで手術中も気が紛れてよかった。」と感じる人もいれば「笑ってないで、手術に集中してほしかった。」と感じる人もいるでしょう。だからこそ実際に東京新宿メイルクリニックや他のクリニックでのカウンセリングを受けて、自分に合うと感じるクリニックを選んでほしいのです。

特に東京新宿メイルクリニックが気になっているなら、東京新宿メイルクリニックと合わせて今回紹介した「上野クリニック」「ABCクリニック」のカウンセリングを受けておくことをおすすめします。大手を選択肢から外す理由はありませんからね。

選択肢から外すのは、カウセリングを受けて自分に合わないと感じてからで遅くありません。あなたが東京新宿メイルクリニックをはじめとする複数のクリニックでカウンセリングを受けて、自分が心から納得できるクリニックを選択できることを願っています。

合わせて読みたい

ABCクリニックのネット上の評判は?口コミを徹底調査!

上野クリニックの評判・口コミをまとめてみた