上野クリニックの費用は高め?ぼったくりの噂の真相は…

「上野クリニックでの包茎治療に興味があるけど、結局どのくらいの治療費がかかるかわからない…。」そういった悩みはありませんか?

包茎は「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3タイプですが、真性包茎ひとつとっても、包皮の癒着具合、包皮口の狭さに個人差があり、治療費も大きく変わってきます。だからこそ、インターネットで調べても、いまいち包茎治療にかかる費用を想像しにくいわけです。

とはいっても、手術にかかる治療費の目安がわからないと、包茎手術を受ける意欲も湧いてきませんよね。ここでは、ひとりひとり大きく異なる上野クリニックでの包茎手術の費用を、少しでもわかりやすいように紹介していきます。また「治療費が安い泌尿器科じゃダメなの?」「包茎治療でぼったくられることってないの?」といったよくある疑問にもお答えしていきます。

上野クリニックの治療費について調べているあなたの参考になれば幸いです。

 

1、上野クリニックの費用について

数ある包茎治療クリニックの中でも、特に技術力の高さに定評がある上野クリニックですが、実際に治療を受けるとなるとどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

(1-1)包茎手術の費用

上野クリニックの包茎手術の基本的な費用は、次の表のとおりです。

《上野クリニックの費用一覧表》

手術法 費用
包茎手術(ナイロン糸) 7万2000円
包茎手術(吸収糸) 10万円
美容治療手術 11万円~60万円
修正再手術 15万円

費用について正しく理解するためには、それぞれの手術の特徴を知らなければいけません。上野クリニックの治療方法はサイトを見ただけでは少し分かりにくいので、ここで詳しく説明しましょう。

上野クリニックでは、包茎治療を行う場合は「基本治療」+「美容治療」という形で手術の内容を決めていきます。

基本治療は、表の「包茎手術(ナイロン糸)」「包茎手術(吸収糸)」の2種類です。この2つの手術方式は、どちらも一緒であり余分な包皮を切除して、亀頭の下10mmほどの部分で縫合を行います。この縫合を行う際に使う糸をナイロン糸にするのか吸収糸にするのかが違いとなります。ナイロン糸の場合は、手術後に再度抜糸のために来院が必要であり、吸収糸だと必要ありません。

基本治療を選んだら次に美容治療を選びます。基本治療だけだと、縫合跡がペニスの竿部分にきて目立つ上に、縫合跡を境目にしてペニスがツートンカラーになってしまうのです。これでは、ペニスを見られたら手術をしたことがバレてしまいます。

そこで美容治療を追加すると、縫合跡が亀頭の真下部分にくるように調整でき、手術をしたことがバレにくい自然な仕上がりになります。このように縫合跡が目立たず自然な仕上がりになる手術を、一般的には「亀頭直下埋没法」といいます。

美容治療には、他にも亀頭を増大したり、ペニスを長くしたり、さまざまな内容の治療があるため、費用の書き方も11~60万円という振り幅の大きなものとなっているのです。

修正再手術は、「他のクリニックで包茎手術を受けたけど、縫合跡が目立つ…。まだズルムケになりきれていない…。」というように手術に満足できなかった人に対して、上野クリニックで再度手術を行い、悩みを解消するものです。初めて包茎手術をする人は気にする必要はありませんね。

 

《各手術の治療費をもっと詳しく》

各手術の説明を踏まえて、あたらめて治療費用を見ていきましょう。

包茎治療を行う場合は、まずは基本治療を選ぶ必要があるので、「包茎手術(ナイロン糸)7万2000円」「包茎手術(吸収糸)10万円」のどちらかを選択します。もし医師の診断でペニスに異常がなく(亀頭が小さすぎるなど)、なおかつ「ペニスの竿部分に縫合跡ができツートンカラーになっても構わない!」とあなた自身が思うなら、基本治療だけの手術も可能です。その場合は、7万2000円、10万円のいずれかの費用で治療が可能です。

しかし、多くの人は包茎というコンプレックを改善するかわりに、あらたにツートンカラーというコンプレックスを抱えるのは嫌だと考え、美容治療を追加してツートンカラーにならない手術(亀頭直下埋没法)を選ぶケースが多いです。

そうなると、基本治療+美容治療の費用が必要です。例えば、7万2000円の包茎手術(ナイロン糸)の基本治療を選び、その上で必要最低限傷跡が目立たない美容治療を追加すると費用も11万円が追加され、18万2000円という費用になるのです。

もちろん、手術後のペニスの理想形が高ければその分美容治療も追加され費用はかさみます。例えば、包皮と亀頭が癒着している真性包茎なら、包皮と癒着をはがす「内板外板剥離」という美容治療の追加が必要です(美容地用各種の詳細な費用は、クリニックで実際にペニスの状態を観察した上で提示されます)。

あくまで、縫合跡が目立たずツートンカラーにならない手術を希望するなら、最低限の費用が18万2000円で、そこから費用が追加になる可能性があるという点は頭に入れておいてくださいね。

 

(1-2)上野クリニックは高い?他院の費用と比較

上野クリニックの費用相場がイメージできてきましたね。しかし、あなたが一番気になるのは、上野クリニックが他のクリニックよりも高いか安いかという点でしょう。

《他のクリニックと費用比較》

クリニック名 環状切開術 亀頭直下埋没法
ナイロン糸 吸収糸
高須クリニック 15万円
上野クリニック 7万2000円 10万円 18万2000円
ABCクリニック 3万円 3万円 14万円
東京ノーストクリニック 7万円 22万円
皐月クリニック 4万9000円 4万9000円 25万円
本田ヒルズタワークリニック 10万円~ 10万円~ 30万円~

こちらが、上野クリニックと他のクリニックの費用を比較した表です。縫合跡が目立ちツートンカラーになりますが費用は安い環状切開術、縫合跡が目立たず仕上がりは自然ですが費用が高い亀頭直下埋没法、2つの手術を最安値で受けた場合の費用を書いています。

比較してみるとABCクリニックの安さが際立ち、そこと比べると上野クリニックの費用が高すぎると感じるかもしれませんが、全体の相場から見ると上野クリニックの費用が格段に高いわけではないことがわかりますね。

クリニックで行われる包茎治療は自由診療のため、クリニックごとで治療費に大きな差があります。ただし、治療費だけでなく技術力、手術のクオリティにも大きな差があります。中には治療費が安くて、手術のクオリティが低いクリニックも存在します。

上野クリニックの包茎手術のクオリティについては後述しますが、人生で一度きりの包茎手術ならひたすら安さだけを求めるのではなく、「多少高くても、しっかりとしたクオリティの手術を受けよう。」という考え方でクリニックを選ぶのもいいかもしれませんね。

上野クリニックの詳細はコチラ

 

(1-3)費用が安い泌尿器科ではダメなのか?

そうはいっても安さを求めてしまうのは、普通のことです。そして、包茎治療に安さを求めると自然に泌尿器科での手術という選択肢にたどり着くことでしょう。泌尿器科で包茎手術をする場合は、保険が適用となるため3万円ほどの治療費ですみます。

上野クリニックだと最安値でも7万2000円なので、圧倒的に泌尿器科のほうが安いですよね。しかし、泌尿器科での包茎手術はあまりおすすめできません。その理由を説明しましょう。

 

理由1 仮性包茎は保険の適用外

泌尿器科の包茎治療は保険が適用されるといいましたが、これは真性包茎とカントン包茎に限った話です。仮性包茎だけは、保険の適用外なのです。保険が適用されるかどうかの基準は、簡単に言えば「その症状を放っておくと、健康が損なわれるか」です。

真性包茎を放っておくと、亀頭と包皮の間に恥垢がたまり不衛生な状態が続くので、あなた自身もセックスの相手も性感染症にかかりやすくなります。カントン包茎を放っておくと、ふとした拍子に狭い包皮に亀頭がしめつけられ、最悪の場合は壊死します。どちらも明らかに健康を損ないますよね。

仮性包茎は普段から亀頭が包皮におおわれていますが、自分の指で簡単にむけます。お風呂でしっかりと洗えば清潔に保てるので性感染症の心配は少ないですし、包皮の締め付けによる亀頭の壊死の心配もありません。医学的に見れば、仮性包茎は健康を損なうことのない普通のペニスなので、仮に泌尿器科で治療をするとなっても保険の適用外となるのです。

仮性包茎を治療する場合は、泌尿器科に行っても「仮性包茎は問題ないから、治療する必要はないよ。」と診断されて、終わってしまいます。

 

理由2 治療の目的の違い

仮性包茎ではなく保険が適用される真性包茎、カントン包茎ならクリニックよりも泌尿器科がおすすめかというとそうではありません。

泌尿器科とクリニックでは、治療の目的が大きく異なります。泌尿器が包茎治療を行う際の目的は「包茎の治療」、クリニックの目的は「包茎の整形」だといえます。

保険が適用される治療というのは、言いかえれば病気を治療するためのものです。泌尿器科の包茎治療は、包茎という病気を治療することだけを考えたものであり、極端な話ですが手術後のペニスの見た目までは気にしません。その結果、ペニスの竿の中央部分に縫合跡ができ、そこを境にツートンカラーになってしまうのです。

保険が適用されないクリニックでの治療は、確かに泌尿器科での治療よりも高いです。しかし、保険が適用されないからこそ、「包茎の治療」の一歩先を行く「包茎の整形」を目指した治療が行えるのです。

クリニックで包茎治療を行えば、もちろん泌尿器科での手術と同じように余分な包皮を切除して、包茎を治療できます。しかし、治療費が高い亀頭直下埋没法を行えば、縫合跡を亀頭の真下に来るように調整して、ペニスがツートンカラーにならないようにできるのです。このように包茎を治療した上でペニスの見た目も整えるので「包茎の整形」と言えるのです。

泌尿器科の手術でも包茎は治療できますが、手術後に「ツートンカラーのペニス」という新たなコンプレックスを抱えてしまいます。それなら費用が高くても、包茎を治療してさらに自然な仕上がりを目指せるクリニックでの治療のほうが良いと思いませんか?

 

理由3 専門性の違い

泌尿器科と包茎治療を扱うクリニックでは、対象とする病気の幅が異なります。泌尿器科では、性器だけでなく尿に関係する臓器の病気を幅広く取り扱います。しかし、包茎治療を扱うクリニックは、文字通り「包茎」という症状で悩んでいる人に対象を絞っています。

そうなれば、自然と泌尿器科よりもクリニックのほうが包茎治療の経験や症例数が圧倒的に多くなりますよね。泌尿器系の病気に関しては泌尿器科のほうが専門性は高いですが、「包茎治療」に絞っていえば、クリニックのほうが専門性が高いわけです。

ある泌尿器科では、年間の包茎手術の件数を20件と公表していましたが、上野クリニックには年間で1万5000人以上の人が来院しています。これだけの差があれば、技術力にも大きく差が出て当然ですよね。

人生でたった一度の大事な部分の手術なら、専門性・技術力が高いクリニックを利用したほうが良いと思いませんか?

 

(1-4)ぼったくられることはない?

包茎治療を検討する人の多くが、あなたと同じように「治療費をぼったくられないか?」という点を特に心配しています。ネットで検索すると、上野クリニックのぼったくりに関する口コミや情報がさまざま出てきます。

ハッキリと言いましょう。上野クリニックは過去に包茎治療費について大きな問題を起こしています。

参考:消費者機構日本 これまでの是正申入れ等の状況

 

こちらには、消費者機構日本が上野クリニックに対して改善申し入れを行った際の概要が記されています。過去に上野クリニックで包茎治療を受けた人の中には、「ホームページに掲載されている料金例とはかけ離れた高額な治療費を請求された。」という人が多く、その声を受けて消費者機構が上野クリニックに是正申入れを行ったのです。

包茎治療はどんな治療を行うかによって、治療費が大幅に変動しやすいです。10万円ほどで済むケースもあれば、亀頭増大、長茎術といったオプション手術を追加して100万円を超えてしまうケースもあります。

残念ながら上野クリニックでは、過去にホームページでの料金表示に問題があり、実際の治療の際にも手術内容・治療費に関する説明不足があり、利用者にぼったくりだと思われることがあったわけですね。

しかし、現在では消費者機構日本の改善申入れに対して、ホームページの料金表の表示を改善しています。これが2013年10月の出来事であり、すでに数年経過していることを考えると状況も変わっていることでしょう。

このように書くと、余計にぼったくりに関する不安が大きくなったかもしれませんね。しかし、治療費に関する不安はあなた自身のちょっとした次のような心構えでも解消できます。

  • 包茎治療に対して、知識をつける
  • 提案に対して、疑問を持つ
  • 納得できるまで確認する

 

まずは包茎治療に対して、しっかりと知識をつけることです。特に手術の名前を聞いて、おおよそどんな手術か頭の中で想像できるくらいにはしておきたいところです。知識をつけておくと、医者から「こんなオプション手術はどうですか?」と勧められたときに、そのオプション手術が自分に必要かなんとなくわかりますよね。

そして、常に医者からの提案に対して、疑問を持つ姿勢も大切です。本当にあなたの包茎を治す上で必要な手術を提案してくることが多い中で、実は特に必要ではない高額な手術を勧めてくるようなクリニックもあります。医者からの提案は鵜呑みにせず、常に「この手術は本当に必要なのかな?」と疑問を持ちましょう

ただし、あからさまに相手を疑うような姿勢はいけません。医者もせっかく本当に必要な手術を提案しているにもかかわらず、「それって本当に必要ですか?ぼったくりじゃないですか?」なんて聞き方をされたら嫌に決まっています。

最後に、あなた自身が納得できるまで確認することです。手術の内容もそうですし、手術前に告げられた治療費など、「これってどうなっているんだろう?」「この治療費以外にかかる費用は本当にないのかな?」と疑問に思ったことは、納得できるまで確認することでクリニック側とあなたのすれ違いは防げます。

もしも確認を繰り返す中で、クリニック側が好ましくない対応を取るなら他のクリニックを検討したほうが良いでしょう。

このような心構えを忘れずクリニック側を信じきらずに何事も確認していくことで、しっかりとぼったくりのような被害は抑えられるはずです。

上野クリニックの詳細はコチラ

 

2、まとめ

上野クリニックの治療費や包茎治療業界の治療費事情について紹介してきました。今回の話を、簡単にまとめておきましょう。

  • 亀頭直下埋没法を受けるなら、最安で18万2000円の治療費が必要
  • 上野クリニックの治療費は、他のクリニックと比べると高いと感じることもあるが、値段に応じた技術レベルを持っているので、手術の満足度は高い
  • 安さを追求するなら泌尿器科での手術という選択肢もあるが、ペニスがツートンカラーになるためおすすめできない
  • 過去に治療費に関して問題を起こしているが、現在は改善済み
  • 治療費のぼったくり問題が不安なら、自分自身が知識をつけ、疑問を持ち、確認する姿勢を持つことも大切

 

残念ながら、包茎治療において治療費のトラブルは多く耳にします。ネット上の口コミを見ると、残念ながら上野クリニックで治療を受けて、治療費に関する不満を抱くような声もあがっています。しかし、その半面「最初は治療費用が高いと感じていたけど、手術を受けたら治療費以上のクオリティの高い手術をしてもらえたように感じた。」というポジティブな意見があるのも事実です。

上野クリニックに限った話ではありませんが、包茎治療にかかる費用は個人差があり、10万円台で済む人もいれば、100万円近い治療費が必要になるケースもあります。インターネットで検索すると、実際に上野クリニックで治療を受けた人の体験談もあり、実際にかかった治療費を知ることもできます。

ただし、これはあくまでその人が包茎治療を行った場合にかかった費用であり、あなたもまったく同じ費用で手術を受けられる可能性は低いでしょう。そう考えると、ある程度治療費について調べたら、実際に上野クリニックに足を運びしっかりと治療費の見積もりを出してもらったほうが良いでしょう。

上野クリニックでの包茎治療を健闘しているあなたの治療費に関する疑問が少しでも晴れ、包茎治療を前向きに検討できるようになることを願っています。

上野クリニックの詳細はコチラ